クルーのブログ


■「湯水の如く」の外国語訳が難しい理由 /悪童 20171017

onepavatar
12時40分28秒 | 閲覧数 (14) | コメント (0)   [クルーの日記]
2017年10月17日(火曜日)
warabeブログ

■たまたま

「無駄に沢山使うこと」を「湯水の如く使う」と表現することがあります。

私感としては、「まぁ~、湯水だし、イメージ的には【ジャブジャブ】って感じだし。」
また、「地名学」の世界では、湯=泉から湧き出て尽きない「湧水」を指す場合があるらしいので、【尽きない】という意味なのかなぁ~?
とか思ったりしました。

って感じで、何となく「ジャブジャブ=無駄遣い」、「尽きない=次々に」と思っていました。
というよりも、この言葉の由来について、考えたこともなかったですけど(笑。

しかぁーし、
「いや、ちょっと待てよ。現代社会ではスイッチ一つでお湯が出るから、お湯もジャブジャブって感じがあるけど、昔は違うぞ。ガス沸かし時代も、簡単な時代に分けられるけど、「薪・炭」で湯を沸かす「薪・炭時代」って、面倒だし、手間がかかるがなぁ~。」
ということは、
地名学でいう「湯」=「湧水」→「尽きない」の意味なのか?

んでもって、
「湯水の如く」は、「いつから」ある慣用句なのかなぁ?
まあ~、相応に古い言葉だろうなぁ~。江戸時代にはありそうな予感。

当初の私感を少し変更して、
「お湯はそんなにジャブジャブ使えるものじゃナイぞ! もしかして、地名学の湧水かぁ?」

うむむむ?
ってことは「湯水の如く」の<語源>は何だ???
という疑問に変化しましたさ。

■湯水(ゆみず)の辞書調べ

まずは手始めに、『広辞苑』師匠に確認してみますと、
1.湯と水。湯または水。
2.どこにでも沢山あるものにたとえていう語。-のように使う。金銭を惜しげもなくみやみに費やすことの形容。
(新村出〔編〕『広辞苑』第4版、岩波書店、1991年11月15日)

語源には言及していないですねぇ~。

次に『古語辞典』神にお願いしてみますと、
<湯を沸かして水に入(い)る>
浪費することのたとえ。「湯を沸かして水になす」< 毛吹草・二>。「闇に錦のうは着、―・りたるごとく」< 浮・世間胸算用・一>
(中田祝夫〔編〕『古語大辞典』、小学館、1983年12月10日、p1683)

※『毛吹草』は正保2年(1645年)作、浮世草子の『世間胸算用』は元禄5年(1692年)作らしいので、江戸時代前半には存在した慣用句に由来する?

なお、上記の辞書には「地名学での湯」に関する記述はありませんでした。

■外国語訳が難しいわけ

「湯水の語源」について、江戸時代の文学作品の用例でみるに、
「薪・炭をおこして、折角、手間をかけて沸かした湯を使わずに水にしてしまった。」を
<超短縮>して「湯水」と表現したのですねぇ~。

多くの日本人が知らないであろう(?)語源を含めた意味の慣用句を外国語に翻訳することは、そりゃぁ~難しいですね。

/悪童


■「湯水の如く」の外国語訳が難しい理由 /悪童 20171017
http://onep.jp/modules/wordpress1/5711/


warabeは、gontakunのONEP.jpブログ「私的自由題 /悪童」専用IDです。
ID複数取得申告所 [本人申告限定]


サン、読スト書いたってよ( ゚Д゚)

onepavatar
14時41分43秒 | 閲覧数 (55) | コメント (0)   [読者ストーリー] [クルーの日記]
2017年10月15日(日曜日)
SUNブログ

上は予告編です

新作ですswとDQのオマージュだね

多分次回も似たり寄ったりな展開になるか
オリジナルでいくかはわからないな
よかったら読んでみてね

パイレーツソウル 過ぎ去りし最期のパイレーツ1 “最後のパイレーツ”

2話はあるかは分かりません
まぁ、予定はしてますが
思い付かないのと時間がね

読ストは長時間考えるから
アイデア貯めたりメモしないと
忘れたり、別のアイデア出たりでwww.


『Titanfall』のRespawn Entertainmentが新作VRゲームを開発中!

onepavatar
15時32分12秒 | 閲覧数 (67) | コメント (0)   [クルーの日記] [ゲーム]
2017年10月12日(木曜日)
abandonブログ

『Titanfall』シリーズのデベロッパーとして知られるRespawn Entertainmentは、Oculus Studiosとの協力で新作VRゲームを開発していることを発表しました。同社はVRゲームの開発について次のように語っています。

「モニターで何百回と見たゲームアセットはヘッドセットを着けた途端に現実のものとなります。スケール感、存在感、それ以外の言いようがありません。エディターでオブジェクトを回転させ、実際にその周囲を歩き回ることはマウス操作とは異なります。このような没入型の世界でゲームを構築することは本当の特権です」

Respawn Entertainmentが開発するVRゲームの開発についてゲームのタイトルやジャンル、詳細な内容は現時点で明かされていませんが(『Titanfall』や『Star Wars』ではないそうです)、2019年に主要なVRプラットフォームでリリースされるとのことです。

ArcheAge RMT


■「新世界編」後のストーリー展開に感じること /権田君 20171006

onepavatar
12時41分54秒 | 閲覧数 (134) | コメント (1)   [クルーの日記]
2017年10月6日(金曜日)
kenta9nブログ

(現在、ビッグマム編の終盤が展開中)

最近のONE PIECEも、面白い。
面白いです。

しかし、何でだろう。。。イマイチ感が、ず~っとある。
以前は、「頂上決戦ロス症候群かなぁ」と思っていたのですが、展開も随分かわって、時間も経った今は「この理由」は当てはまらないなぁ~。

最近、ドラム編、アラバスタ編、空島編、エニエスロビー編を読み返したんだ。
「ぐっ」と来るね。泣けるわぁ~。

そして、最近のONE PIECEの展開への違和感の原因に気がついたわさ。

近年の展開は、特にそう思うんだけど、「意外性」「奇想天外性」といった<そうきたか~><え~、
ここでこれ~。でも、ありかぁ~。>という「テクニカルな(少々意地悪な)<驚きの展開>」という面が<強烈に演出>されていて、読後感にキレがない。

つまり、ドラム編、アラバスタ編、空島編、エニエスロビー編などのように、「ぐっ」と心に染み込んで来る・涙腺が溢れるような「感覚」「感動」が<希薄>になっているな、ということが私のイマイチ感の原因だった、と気がついたさ。

まあ、ここから先、「ぐっ」と来る展開が用意されている、と思うけど、現状、頂上決戦後~ビッグマム編ではイマイチ感です。

ワの国編に期待大大大!!! 


/権田君


■「新世界編」後のストーリー展開に感じること /権田君 20171006
http://onep.jp/modules/wordpress1/5798/

kenta9nは、gontakunのONEP.jpブログ「ワンピース暴想 /権田君」専用IDです。
ID複数取得申告所 [本人申告限定]


■ほめられた!オッサンでも、いや、オッサンだからこそ(失笑) /悪童 20170911

onepavatar
19時57分23秒 | 閲覧数 (341) | コメント (0)   [クルーの日記]
2017年9月11日(月曜日)
warabeブログ

jpの現役ユーザーの中では、最長寿で、まあ、「倍の人生な」、私。うむ?3倍か?(失笑)

オッサンになると、よそ様から褒められる事なんてナイ、です。ナイ。
そりゃぁ、そうでしょうね、むしろ、褒める側なわけですし。
家庭でも仕事でも・・・そういう立場だし・・・

■一つだけ褒められる事がある

以前から、なぜか、たまに褒められることがある。

   それは、、、、、、「血圧」 (なんだそれっ)

先日、献血をしたのですが、そのときにも「いい血圧ですね~」と褒められた。
なぜか、以前から、血圧は、たまに褒められることがある(失笑)

嫌な気持ちにはならないけど、実感がナイですわね、血圧。

献血での手続きのオッちゃん曰く
「心筋梗塞や脳梗塞になりにくい血圧なんだそうな」。。。?

「ふ~ん、そうなんかぁ~。以前からなぜか医療関係者から血圧を褒められることがあったんだが、そういう意味があったのかぁ~」と初めて知ったわ。

   血圧106/64 (だったっけ?)  褒められた血圧(失笑)

/悪童
 
■ほめられた!オッサンでも、いや、オッサンだからこそ(失笑) /悪童 20170911
http://onep.jp/modules/wordpress1/5707/

warabeは、gontakunのONEP.jpブログ「私的自由題 /悪童」専用IDです。
ID複数取得申告所 [本人申告限定]



64 queries. 0.372 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp