クルーのブログ


■読感「天堂きりん/著作」 /悪童 20180216

onepavatar
21時50分33秒 | 閲覧数 (860) | コメント (3)   [クルーの日記]
2018年2月16日(金曜日)
warabeブログ

<ラブサイコホラー>「きみが心に棲みついた」
「奇作」と評価されるかもしれない本作品。

その作者の「天堂きりん」さん
当然、私は全然知らんかったです。。。当たり前、知っているはずない。オッサンがね。

「きみここ」が、あまりにも衝撃的なので、いったい、この作者はこの作品をどういうオチにするんだろう?
と思いまして、天堂作品を何冊か読んでみました。
(以下、読んだリスト)
 
●天堂きりん/著作  (読んだ一覧)
『恋愛アナグラム』、2008年
『おひさまのはぐ』、2009年
『キミニ恋シナイ 天堂きりん短編集』、2012年
『新装版 プッタネスカの恋 天堂きりん短編集』、2013年
『そして、晴れになる』1、2012年
『そして、晴れになる』2、2015年
『とある日常の奇跡』、2018年

●きっと、何パターンかの傾向・作風があるだろう、と思って複数作品を読んだわけです。
類似的な部分としては、家族不和で育った少年・少女だったり、一歩踏み出せないキャラクターだったり、といくつか指摘することができます。
が、それはそれで、それぞれが違う作品になっていましたね。(尾頭さん風)
それぞれに面白い作品でした。うんうん、良かったですね。

●バッドエンドの作品はナイです。
ハッピーエンドか?というとそうでもないのですが、バッドエンドはナイですね。

●つまり、「きみここ」もバッドエンドはナイ、と予想してOKでしょう。
しかし、ハッピーエンドである保証はないですが、主人が「前に向かって、歩み出す」というオチの作品はありましたので、<自分を大切にして、自信をもって、一歩踏み出す>はアリですね。
その時、今日子の一歩には星名も吉崎もイナイかもしれません。
吉崎もその一歩の中にイナイ可能性アリです。

今までの自分を肯定し、そして、新しく歩み出す今日子の姿が。

●「きみここ」は、天堂作品の中では、長編です。そして、かなりメイハリを効かせたキャラつくり、ストーリー作りですね。
上述したとおり、類似的傾向は看取されますが、従来作品に比べると、<相当に異作な作風>だと思えました。
 
だだし、天堂さん、前向きのオチが基本です。

なお、上記の読んだ一覧の中では、『そして、晴れになる』1・2巻、が一番良いかな?

/悪童
 
■読感「天堂きりん/著作」 /悪童 20180216
http://onep.jp/modules/wordpress1/5719/

warabeは、gontakunのONEP.jpブログ「私的自由題 /悪童」専用IDです。
ID複数取得申告所 [本人申告限定]

ランキング (←1日1回の応援クリックをお願いします)  ΥȥϤƤʥ֥åޡɲΥȥdel.icio.usɲΥȥLivedoor ClipɲΥȥYahoo!֥åޡɲΥȥFC2֥åޡɲΥȥNifty Clipɲ
TrackBack URL :
トラックバック先へのリンクを本文に含まない場合は、スパムとしてブロックされます。
http://onep.jp/modules/wordpress1/5719/trackback/

クルーのブログ関連記事

  • No related posts

コメント

■きみここ:
>その時、今日子の一歩には星名も吉崎もイナイかもしれません。

キョドコが、自立的になって、ひとりで歩けるようになったとしても、
キョドコと星名が同じ職場のままだと、顔を合わすことになるわね。
イナイ、ってことは、ちょっと難しいかも?

星名がいなくなるか、キョドコがいなくなるか?
同じ空間ではなくなる必要がある?

/ごん

Comment by warabe — 2018年2月18日(日曜日) 15時53分46秒

■星名:
星名がキョドコの前から消える事象
1.異動
2.死亡(自殺・他殺)
3.服役(犯罪者にな、投獄・刑務所暮らし)
4.病療(重度の精神疾患者となり、病院暮らし)

再起不能としたら「2」。
もしかして「4」だが・・・

/ごん

Comment by warabe — 2018年2月18日(日曜日) 15時56分52秒

●異質な作風

>従来作品に比べると、<相当に異作な作風>だと思えました。

「きみここ」は、従来の天堂作品の中に、類似した設定・キャラつくりは存在するのですが、
しかし、星名・キョドコ・吉崎・八木などほどのキャラの個性を強調した作品は、私が読んだ作品の中には、イナイです。

つまり、
「きみここ」に限定的なキャラつくりになっている可能性が高いんですね~。

<キャラの個性を先鋭化し、展開のアップダウンの振れ幅を大きくした作品作り> が「きみここ」なんですね。

当初は、「この作品、アカン、ダメや、受け付けられへん」と思いましたが、<スッカリ、ドハマリ>(失笑)

/ごん

Comment by warabe — 2018年2月18日(日曜日) 16時08分06秒


コメントを書くにはログインしてください



57 queries. 0.184 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp