各長編のテーマ (&裏テーマ)は、何だろう?

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2009-12-22 12:50 | 最終変更
gontakun  ONEP.jp航海士  (居住地: ONEP.jp海)  投稿数: 4817
■各編のテーマ(裏テーマ?)は、何だろう?

時において、物語に社会派メッセージを込めているっぽい作者尾田さん。

ワンピースの各長編に秘められているかもしれない【作者からのメッセージ】を想像してみましょう?

※「かもしれない」なので、社会派メッセージなんてない!、ってこともあるかも。

って、こんな話題に乗ってくれるユーザーはいるのかしら?

(下記を修正しました。あしからず、、、)


※ 「ワンピースデータラボ」から引用します。

■フーシャ村 〜 ゴート島(コビーはルフィと出会い、アルビダをぶっ飛ばす) 〜 シェルズタウン(ゾロとの出会い) 〜 オレンジの町(バギー編) 〜 珍獣の島(ガイモンが語る) 〜 シロップ村(キャプテン・クロ編)
■ドン・クリーク編 (海上レストラン「バラティエ」)
■アーロン編 (ココヤシ村)
■グランドライン突入編 (ローグタウン、双子岬)
■ドラム編
■アラバスタ編
■ジャヤ 〜 空島編
■スリラーバーク編
■W7 〜 エニエスロビー編
■中枢の海編 (シャボンディ諸島、インペルダウン、マリンフォード)

  その他・・・
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2009-12-22 14:12
ANA  懸賞金1600万ベリー  (居住地: 漂流中)  投稿数: 55
イーストブルー編=若者達の旅立ち
ドラム編=人の死はいつか?
アラバスタ編=本来の国のあるべき姿(日本の政治家に読んでいただきたい)
空島編=男のロマン
スリラーバーグ編=死と生(生と死ではない)
W7〜エニエスロビー編=仲間の絆
中枢の海編=現在進行形のためコミックスが全部揃ってから一気に5回ぐらい読みたい。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2009-12-22 16:17
GDR  懸賞金8000万ベリー  (居住地: インペルダウン)  投稿数: 656
ドラム編・・・1人の王様<民衆の団結
アラバスタ編・・・本来あるべき国の姿
空島編・・・男のロマン=人の夢は終わらねぇ=夢は諦めた者負け
スリラーバーク編・・・1つの事に向かう意志の強さ
            あまい考えではいけない!
W7〜エヌエス・ロビー編・・・OPの歌詞にあること=逃げ出さなければ明日をつかめるんだ!これだと思います!


裏テーマというより尾田っちは俺らに忘れてはならないことを率直に伝えてくれているんだと思う!だからルフィのようにまっすぐで馬鹿なキャラを使って!
ルフィ・麦わら海賊団・尾田っち・ワンピース大好きだ!
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2009-12-22 19:08
Sophie  懸賞金3000万ベリー   投稿数: 126
・ドラム編・・・人々を救うことの大切さ
・アラバスタ編・・・国のあるべき姿
・空島編・・・自分に不可欠はないと思っている方(いばってる)人に
       向けて。
<エネル→ルフィに雷は効かないというところから。あの驚きの顔は
なかなかないと思います(笑)>
       それと、夢をあきらめるな!

・W7〜エニエスロビー編・・・自分の利益だけを考えるな!
 <地位だけが欲しいスパンダムと、仲間のために世界を敵にまわしてまで
仲間を救うルフィ達の比較。>

尾田先生凄いですよね。
小さい頃は、戦闘シーンがかっこいい!とかギャグが面白い!ということ
ばかり考えて読んでましたが、
年が経つにつれてこういうことを考えながら読むことができるので、
やっぱワンピースって深いなーと思います。
だから、老若男女に人気があるんですね^^
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2009-12-22 20:42
kesuko  懸賞金3億ベリー  (居住地: M78星雲)  投稿数: 2910
引用:

gontakunさんは書きました:
■各長編のテーマ(裏テーマ?)は、何だろう?

時において、物語に社会派メッセージを込めているっぽい作者尾田さん。

ワンピースの各長編に秘められているかもしれない【作者からのメッセージ】を想像してみましょう?

※「かもしれない」なので、社会派メッセージなんてない!、ってこともあるかも。

って、こんな話題に乗ってくれるユーザーはいるのかしら?


■長編
・ドラム編
・アラバスタ編
・空島編
・スリラーバーク編
・W7〜エニエスロビー編
・中枢の海編(シャボンディ諸島、インペルダウン、マリンフォード)

  その他・・・

ドラム編→独裁政治
アラバスタ編→戦争
空島編→先住民
スリラーバーク編→生と死
W7〜エニエスロビー編→差別&世界政府関連

中枢の海編はわかりませんw
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2009-12-22 21:04
mofumofu  ONEP.jp七武海  (居住地: 白い渚)  投稿数: 980
ちょっと考えてみました。結構長くなってしまったので三つだけ。


◆ドラム編=人を生かすもの
ワポルは、望むものすべてが手に入り、優秀な医者に守られていたが、誰にも愛されていなかった。
Dr.くれは、生の価値を多額の報酬で計る。
チョッパーは、仲間から見捨てられ、トナカイでも人間でもない存在になり、自分が何者かさえわからなかった。それが、ヒルルクと出会って自分を認めてもらい、初めて自分を知った。
そして不治の病と向き合いながら、最後まで夢にかけたヒルルク。

ヒルルクの「人が死ぬのは忘れられた時」というセリフからは、人はひとりでは真の意味で生きられない。医学的に生きていることと、本当の人生を生きていることは違う、というメッセージを感じます。

これらのことから、「人を本当に生かすものは何なのか? 医術か?金か?権力か?夢か?それとも自分を認めてくれるたったひとりの存在か?」といったあたりがテーマになるのではないかと思います。



◆アラバスタ編=国のあるべき姿
これはもう、これで間違いないと思います。人が国の為にあるのではなく、国が人の為にあるのですよと。



◆ジャヤ 〜 空島編=信じる心
空島は夢を信じることの象徴、そしてそれを否定するベラミーは信じるリスクの象徴。
ベラミーは、信じたものが幻だったらというリスクを恐れて最初から賭けをおりていたが、ルフィは自分を信じて突き進んだ。

嘘つきノーランドは、まさに嘘か真実か、という話。クリケットは、それを確かめることからずっと逃げていた。しかし、ジャヤにたどり着いて腹をくくった。信じるにせよ、そうでないにせよ、確かめずには何も言えない、ということ。

ノーランドとカルガラの物語は、今まで信じてきた考えを変えられるか、という話。信じてきたものを否定するのは苦痛だが、それから逃げては進歩はありえない。

エネルは、信心を強制する者。信じる自由を奪われた空島の民は、自分の意志さえ失っていた。人を陥れるようなことをしても、それが神の意思なのだと、自分の責任ではないと言い聞かせていた。

これらのことから思うのは、「自分を信じることの難しさ、そして大切さ」です。
信じる心はその人の意志そのものであり、信じる自由を奪われることは、心を奪われることに等しいのだと思います。だから、自分を信じなければいけないのですが、それが難しい。人の言葉に惑わされ、感情に囚われ、他人から信心を強制され、決断の責任を負うことから逃げ・・・。
でも、どのような結果になっても自分で責任を取るという覚悟があれば、きっと誰でもルフィのように信念を貫くことができるのだと思います。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2009-12-22 22:38
fanfare  懸賞金1600万ベリー  (居住地: ワノ国)  投稿数: 92
長編ではないんですけど
ワンピ全体のテーマは
やっぱり

「受け継がれる意志」
「時代のうねり」
「人の夢」

この3つは核だとおもいます!!!
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2009-12-24 6:55 | 最終変更
gontakun  ONEP.jp航海士  (居住地: ONEP.jp海)  投稿数: 4817
引用:
fanfareさんは書きました:
長編ではないんですけど
ワンピ全体のテーマは
やっぱり
「受け継がれる意志」
「時代のうねり」
「人の夢」
この3つは核だとおもいます!!!

■全体の表テーマ

全編を通したテーマは「」と思います。

その夢は、各キャラで違うわけです。
 海賊王であったり・・・


■全体の裏テーマ

人類史上の超難問である「戦争と平和」に挑戦?

正しい戦争とは?、正義の戦争とは?、正しい軍事力・武力とは?、
正義とは?・・・


 っていう、人類の歴史上の超難問を私たちに提示してみせているのかも。

※ これは、最後であろう「ある巨大な王国編」では表テーマになるかもしれませんが、、、
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-1-4 19:00
Oga  懸賞金7700万ベリー  (居住地: 暑い夏島)  投稿数: 427
エニエス・ロビー編での裏テーマはやっぱ…

「仲間」

…ですかね。



ベタじゃね? って思うかもしれませんが、僕が思うのはこれしかないんです。

ロビンと本当の意味で分かち合った麦わら一味、
かつて時をともに過ごしたルッチ達の真の姿、
ひとつの志をもとに集まった、麦わら一味とガレーラとフランキーたち、
…そして、仲間を為に、決死の思いで駆け付けたメリー号。

どちらにせよ、ワンピースは読者〔ぼくら〕の心を
高ぶらせてくれる漫画だと思う。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-1-4 19:49
Yasuhiro  懸賞金3300万ベリー   投稿数: 168
「空島」
イスラエルとパレスチナの戦争。2つの民族に共通の聖地エルサレムは「約束された土地」。今もヨルダンやエルサレム奪回のために両者は戦争をしている。それが空島では「バース」。作者は戦う両者に「理解し合える可能性」を空島で示した。

「ドラム」
医療崩壊。国から医者がいなくなる。今の日本の医療問題を予見したような内容。
しかし、それを救うのは名医から名医に伝わる「受け継がれる意志」。チョッパーは医療問題解決の可能性を秘めたキャラクター。

「シャボンディ」
人身売買や魚人の扱いで示したのは、人権問題と差別問題。読者が天竜人への不快感を持つことを通して、差別への嫌悪感を持って欲しいと作者は願っているのではないか。

「ウォーター7」
「作った船には、ドンと胸を張れ」。これは親子の在り方。フランキーは親に捨てられた設定。親なら子供を捨てるな。どんな子供であれ、生んだからにはドンと胸を張れ。親の覚悟が隠しテーマ。

「アラパスタ」
テーマは戦争の起こし方と戦争の黒幕。争う必要の無い両者が、黒幕の策略で戦争に引き込まれていく。黒幕だけが傷つかず、利益を上げていく。「戦争の実態をみく見ろ」という作者の思い。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-1-4 23:12
KURURU  懸賞金1億ベリー  (居住地: 『氷の森 アイスフォレスト』現在、受験勉強中!)  投稿数: 738
クリーク&アーロン編……

仲間と家族ですかね……

仲間……

ナミやギン……

まずは、ナミは、ルフィ達を一度は裏切りました。
しかし、又、仲間と呼べる存在になりました。

ギンは、クリークに裏切られながらもギン自身は決してクリークを裏切りませんでした。


そして、家族……

ナミの母さんであるべルメールと姉であるノジコ
本当の家族ではないが、その絆はとても深い……

サンジにとっては、育ての親であるゼフ。
充分、家族と呼べる存在になっていたと思います。



エニエスロビー編


正義の在り方……

殺しを許可されているCP9しかり、過去のスパンダムしかり、赤イヌ達の行き過ぎた正義

これを見て、サウロは、これが正義と呼べるのかと訊いていました。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-2-5 19:39 | 最終変更
gontakun  ONEP.jp航海士  (居住地: ONEP.jp海)  投稿数: 4817
つれづれ書きの独り言です。スルーしてもらって結構です。あしからず、、、

●模倣と類似と独創のこと

幾多の物語で何度も取り上げられるテーマには、「愛」「家族」「友情」など「人たる根幹」に関わる普遍的なものであったり、「現代社会の課題や矛盾」を批判的立場から喚起して衆目の眼前に提示するといったものがあるように思います。
後者の場合、何が原因であるのかについて、今に至った事由を歴史(過去)の中に見つけ、その反省を通して、現代社会が抱える問題点を訴える。それによって未来への提言・警告のメッセージを演出するということがしばしばみられるように思います。

例えば、最近話題の映画「アバター」は「現代文明と強欲」への批判をテーマにしているように見受けられます。
このような普遍的なテーマ・特に社会的なメッセージを込めた作品は、表現方法・舞台設定などはその時々の時代性によって異なるものの、メッセージは「人という存在」であったりするわけです。
普遍的であるが、ゆえに、何度何度も作品が作られるわけです。類似した展開があるのは当然なわけです。

ワンピースは、登場人物がそれぞれに夢や信念をもって冒険し、そこで遭遇する困難を、友情で結ばれた仲間達が乗り越えていく物語です。
(わざわざ確認するようなことでもないですけど。)
各編において、友情・仲間・命・絆・戦争など比重は異なるものの、一定のテーマを設定しているように見受けられます。

人間活動の源泉は「私利私欲」である、という見方があります。そういう意味では、人は深い業を背負った存在なのか、と悲観的な気持ちになりますが、肝心なのは、その私利私欲に「社会的正義が あるorない」ということなのでしょう。

作者がワンピースで描こうとしている主テーマのひとつには、私利私欲という業を持った存在である人間たち=すなわち社会の「社会的正義とは何か?」という問いが含まれているような気がする今日のこの頃。
そして、「正義の戦争」とは何か?、「戦争と平和」の関係を問おうとしている気がする今日のこの頃。


※作者は、そんな深い作品じゃないよ、っていうでしょうけど。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-17 15:31
piyoyuki  ONEP.jp七武海  (居住地: 偉大なる航路『空島』アルを探索中)  投稿数: 5342
今回の戦争編のテーマ、いろいろと考えてみましたが

しっくりくるのが“家族愛”というテーマなんじゃないかと
思います。

兄弟であるエースを救うため、弟のルフィと本当の父親では
ないけれど親父の白ひげとその息子達が戦う!
そして、海兵でありエースの家族でもあるガープの決断。

まさしく“家族愛”なんじゃないかと思います。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-17 17:26
Barts  懸賞金1600万ベリー  (居住地: オールブルー)  投稿数: 72
引用:

gontakunさんは書きました:

作者がワンピースで描こうとしている主テーマのひとつには、私利私欲という業を持った存在である人間たち=すなわち社会の「社会的正義とは何か?」という問いが含まれているような気がする今日のこの頃。


つれづれ書きの独り言にフォローしてしまいますが……、社会的正義について。

インペルのハンニャバルの見得切りとルフィの反応、その後の黒ひげの返しの時に、
ちょっと考えさせられた事を思い出しました。

黒ひげの言うように「答えがない」というのは簡単ですが、ハンニャバルの正論は
けっこう良かった憶えがあります。
この辺りについては、「赤犬x黒ひげ」「黒ひげxドフラ」なんかにも舌戦して
欲しい気がしています。

そういえばその時、ルフィは「正義」というよりも「仁義」かなぁ……とも感じました。

0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-17 19:19 | 最終変更
azaka  名も無き海賊  (居住地: マリージョア)  投稿数: 16
各長編のテーマを考えてみました。

「アラバスタ編」
戦争の無意味さを表しているのではないか。
必ず戦争の裏には黒幕がいて、犠牲になるのは一般人がほとんどであるということ。すなわち戦争に参加している人たちに利益はない、損だけであるということを伝えたかったのでは。

「空島編」
民族間の対立を描いている。
この話では異なる民族同士でも理解できる事を伝えたかったのでは。

「シャボンディ編」
人権問題、差別問題について描かれている。
爆発する首輪や犬のような扱いを通して人身売買の怖さを見せることで、人権問題や差別問題などをなくしてほしいという願いなのではないか。

「白ひげとの戦争編」
これは家族愛と弱肉強食を表しているのではないか。
白ひげの仲間達全員を自分の子のように思っていることや、エースやガープとルフィの兄弟愛・親子愛から家族愛を、また戦闘からオーズジュニアが七武海にすぐやられたことや強かったエースの死などから、弱ければやられてしまうという自然界の弱肉強食を伝えたかったのでは。

0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-18 7:43
Fire  懸賞金3億ベリー  (居住地: サンライズ海賊団の船の露天風呂で星を眺めている)  投稿数: 2252
今の戦争編:仲間と家族ですね


W7編:生きることの大切さ


ジャヤ編:希望をもて!!


ワンピースを見てから・・・人を大切に思う気持ちがもてた
尾田さん・・・ありがとう!!
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-18 22:11
noronoro  名も無き海賊   投稿数: 15
ワンピースの世界全体を見ると
なんとなく「本当の正義とは何か?」と問いかけられているような気がします。

果たして海賊は絶対悪なのか 
海軍というのは、本当の正義なのか

各長編を見ると
スリラーバークでは『生の重み、死への恐怖』
 若干、モリアの考えがお祭り男爵と被りますが…

紛争の続くアジアの地域の内乱の様子、またはきっかけが凄くリアルだとは思いました。
『国とはどうあるべきか』

エニエスロビーでは最初に書いた『本当の正義とは…?』
正義とは本当にあるのか と思わされましたw

ただ、どんなシリアスな内容でも、面白くオブラートに包んで魅力的にするのはさすが尾田先生ですよねw
 

0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-19 15:09
GDR  懸賞金8000万ベリー  (居住地: インペルダウン)  投稿数: 656
引用:

mofumofuさんは書きました:
ちょっと考えてみました。結構長くなってしまったので三つだけ。


◆ドラム編=人を生かすもの
ワポルは、望むものすべてが手に入り、優秀な医者に守られていたが、誰にも愛されていなかった。
Dr.くれは、生の価値を多額の報酬で計る。
チョッパーは、仲間から見捨てられ、トナカイでも人間でもない存在になり、自分が何者かさえわからなかった。それが、ヒルルクと出会って自分を認めてもらい、初めて自分を知った。
そして不治の病と向き合いながら、最後まで夢にかけたヒルルク。

ヒルルクの「人が死ぬのは忘れられた時」というセリフからは、人はひとりでは真の意味で生きられない。医学的に生きていることと、本当の人生を生きていることは違う、というメッセージを感じます。

これらのことから、「人を本当に生かすものは何なのか? 医術か?金か?権力か?夢か?それとも自分を認めてくれるたったひとりの存在か?」といったあたりがテーマになるのではないかと思います。



◆アラバスタ編=国のあるべき姿
これはもう、これで間違いないと思います。人が国の為にあるのではなく、国が人の為にあるのですよと。



◆ジャヤ 〜 空島編=信じる心
空島は夢を信じることの象徴、そしてそれを否定するベラミーは信じるリスクの象徴。
ベラミーは、信じたものが幻だったらというリスクを恐れて最初から賭けをおりていたが、ルフィは自分を信じて突き進んだ。

嘘つきノーランドは、まさに嘘か真実か、という話。クリケットは、それを確かめることからずっと逃げていた。しかし、ジャヤにたどり着いて腹をくくった。信じるにせよ、そうでないにせよ、確かめずには何も言えない、ということ。

ノーランドとカルガラの物語は、今まで信じてきた考えを変えられるか、という話。信じてきたものを否定するのは苦痛だが、それから逃げては進歩はありえない。

エネルは、信心を強制する者。信じる自由を奪われた空島の民は、自分の意志さえ失っていた。人を陥れるようなことをしても、それが神の意思なのだと、自分の責任ではないと言い聞かせていた。

これらのことから思うのは、「自分を信じることの難しさ、そして大切さ」です。
信じる心はその人の意志そのものであり、信じる自由を奪われることは、心を奪われることに等しいのだと思います。だから、自分を信じなければいけないのですが、それが難しい。人の言葉に惑わされ、感情に囚われ、他人から信心を強制され、決断の責任を負うことから逃げ・・・。
でも、どのような結果になっても自分で責任を取るという覚悟があれば、きっと誰でもルフィのように信念を貫くことができるのだと思います。
やばい!!!!!
このスレ神すぐるwwwwwwww

医学的に生きていることと、人として生きていることは違う!
まさにベスタアンサー!!!!!!!!


いろいろな人のスレみましたが
人権に関わらせたりとかあるけど
本当にそうなのでしょうか?
俺はそんな世界的な問題をも踏まえてストーリーを作っているとは思えません。
それにそんなことを入れる必要もないと思います。
逆に世界に目を向ける前に自分たちの足元を見てみましょう。
醜いことだらけです><
どちらかといえば尾田さんは
人間である以上醜いものは必ず生まれます。
しかし、自分の大切にしていること、それだけを貫くことができれば
生活を豊かにしてくれる!
ということを伝えたかったのではないでしょうか?
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-20 4:47
snowman  懸賞金3300万ベリー  (居住地: ドラムロッキーの頂上、スノーバードの巣)  投稿数: 249
多分、1つの長編毎にテーマが語られてるように思います。
それは人によって複数テーマがあるように思えたり、相対的なもんかも知れません。

ワンピースという物語の、一貫して伝えようとしているメッセージの中で、力強く伝わってくる"仲間、友達(ダチ)"の他に、"希望"という言葉が見え隠れしているように思えてなりません。

名前は忘れてしまいましたが、『キリストの受難』を描いた映画を思い出します。
『最後の晩餐』の後、人間としてのイエスは、一人神に祈りを捧げる場で、自分の辿る末路を予見して思い悩みます。
そこへ、サタンが人の形を借りて現れるのです。
「イエスよ、あなたがどんなに惨たらしい死に方をしようとも、人は何も変わらない」
 と言って、イエスの名を冠した十字軍の遠征やごく普通の女性をイエスの名の下に火あぶりにする魔女裁判、近代戦争や宗教戦争・・・紛れもない人類の未来の姿をイエスに見せ付けるのです。
しかし結局、イエスはサタンの誘惑を退けます。光の見えない人類の未来に"希望"を懸け、神に捧げる"子羊"となって死んで行こうと決めるのです。

"希望"とは、人類だけが持つ、本能と最も離れた処にある心だと言われます。
ギリシャ神話でパンドラの箱の中から飛び出したあらゆる災厄の中で、唯一人類に残されたモノ。
そうだから持つのではなく、そうであるにも関わらず持たなければいけない精神。

アラバスタ編の中でカラカラのおっさん(トトおじさん)がクロコダイルの作り出した砂嵐を前にして、象徴的な台詞を言っています。

「なーに、この砂を超えれば、雨は降るさ・・・いつものこと・・・何度でも何度でも来てみるがいい砂嵐っ!ユバは決して砂なんぞに負けはせんぞっ!!!」
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-20 22:40
Barts  懸賞金1600万ベリー  (居住地: オールブルー)  投稿数: 72
引用:

Bartsさんは書きました:

つれづれ書きの独り言にフォローしてしまいますが……、社会的正義について。

インペルのハンニャバルの見得切りとルフィの反応、その後の黒ひげの返しの時に、
ちょっと考えさせられた事を思い出しました。

黒ひげの言うように「答えがない」というのは簡単ですが、ハンニャバルの正論は
けっこう良かった憶えがあります。
この辺りについては、「赤犬x黒ひげ」「黒ひげxドフラ」なんかにも舌戦して
欲しい気がしています。

そういえばその時、ルフィは「正義」というよりも「仁義」かなぁ……とも感じました。


第578話のセンゴク 「仁義と言う名の"正義"は滅びん!!!」

…なん……だと…?
本心なのかセンゴク!
世界政府のことも、Dの一族も、ワンピースの謎も、諸々全て知った上で、この発言なのか……?

0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-20 23:39
MARINE  ONEP.jp航海士  (居住地: 聖地マリージョア)  投稿数: 3798
引用:

Bartsさんは書きました:

第578話のセンゴク 「仁義と言う名の"正義"は滅びん!!!」

…なん……だと…?
本心なのかセンゴク!
世界政府のことも、Dの一族も、ワンピースの謎も、諸々全て知った上で、この発言なのか……?


 昔がどうあれ、今の大半の一般人が平穏に暮らせているのは
海軍をはじめとする世界政府の働きかけがあってこそですし、
それを実現させようと志を持って働いてる人間も沢山います。
その軍の最高指揮官がセンゴクなんですから、あの台詞も当然だと思います。

 海賊やら革命軍やら一部の歴史学者やらを取り締まるのも
要はワンピースや空白の100年の解明を発端とした世界戦争で
血が流れる事を防ぐ節があるみたいですからね。白ひげも似たような事言ってましたし。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-21 0:07
Barts  懸賞金1600万ベリー  (居住地: オールブルー)  投稿数: 72
引用:

MARINEさんは書きました:

 昔がどうあれ、今の大半の一般人が平穏に暮らせているのは
海軍をはじめとする世界政府の働きかけがあってこそですし、
それを実現させようと志を持って働いてる人間も沢山います。
その軍の最高指揮官がセンゴクなんですから、あの台詞も当然だと思います。

そう、仰るとおりで、ストレートに絶対的正義とか社会正義とかだったら納得なのですが、
わざわざ「仁義」と言っているのが、元帥の立場としてどうなの?……と感じたわけです。
で、深読みすると、Dの一族諸悪根源説につながる発言なのかもと。

もっとも、ただの表層的な言い回しに過ぎず、気にする必要もないのですが、
常々、海軍 x 海賊 == 正義 x 仁義 だと思っていたので違和感を感じました。

0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-21 0:21
sechs  懸賞金8000万ベリー  (居住地: 7つの海を見渡せる空島)  投稿数: 607
引用:

Bartsさんは書きました:
引用:

MARINEさんは書きました:

 昔がどうあれ、今の大半の一般人が平穏に暮らせているのは
海軍をはじめとする世界政府の働きかけがあってこそですし、
それを実現させようと志を持って働いてる人間も沢山います。
その軍の最高指揮官がセンゴクなんですから、あの台詞も当然だと思います。

そう、仰るとおりで、ストレートに絶対的正義とか社会正義とかだったら納得なのですが、
わざわざ「仁義」と言っているのが、元帥の立場としてどうなの?……と感じたわけです。
で、深読みすると、Dの一族諸悪根源説につながる発言なのかもと。

もっとも、ただの表層的な言い回しに過ぎず、気にする必要もないのですが、
常々、海軍 x 海賊 == 正義 x 仁義 だと思っていたので違和感を感じました。



海賊には海賊カラーの、そして海軍には海軍カラーの「仁義」があるのではないでしょうか?

マルコも言ってただべさ。
「危険度」と「期待値」の関係。この場合はまったく違う意味の言葉だけど天秤に掛けると同じものってことですよね?

逆に「仁義」の場合は同じ言葉だけどそれぞれの方向性、姿勢、何に対してかという意味ではある意味「別物」かもしれません。

なのでセンゴクが発した「仁義」に対して違和感を覚えたのだと思います?

分かりにくいですね?
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-21 0:43
MARINE  ONEP.jp航海士  (居住地: 聖地マリージョア)  投稿数: 3798
引用:

Bartsさんは書きました:
引用:

MARINEさんは書きました:

 昔がどうあれ、今の大半の一般人が平穏に暮らせているのは
海軍をはじめとする世界政府の働きかけがあってこそですし、
それを実現させようと志を持って働いてる人間も沢山います。
その軍の最高指揮官がセンゴクなんですから、あの台詞も当然だと思います。

そう、仰るとおりで、ストレートに絶対的正義とか社会正義とかだったら納得なのですが、
わざわざ「仁義」と言っているのが、元帥の立場としてどうなの?……と感じたわけです。
で、深読みすると、Dの一族諸悪根源説につながる発言なのかもと。

もっとも、ただの表層的な言い回しに過ぎず、気にする必要もないのですが、
常々、海軍 x 海賊 == 正義 x 仁義 だと思っていたので違和感を感じました。


 『仁義』という言葉を使わせたのは尾田先生が海軍をヤクザ、
というより映画“仁義なき戦い”シリーズの人々とたぶらせてるからだと思います。

 海軍の将校って悪人面が多いですし、服装も正義コートが無ければヤクザそのものです。
三大将の一角である赤犬のキャラネタも“仁義なき戦い”時の菅原文太ですし、
センゴクの言葉もヤクザっぽさを持たせたくてわざとそうしたのかもしれません。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-21 0:55
Barts  懸賞金1600万ベリー  (居住地: オールブルー)  投稿数: 72
引用:

sechsさんは書きました:

海賊には海賊カラーの、そして海軍には海軍カラーの「仁義」があるのではないでしょうか?
   :
   :
分かりにくいですね?

いえ、わかる気がします。
特に、センゴクはあまり表裏のあるキャラだとは思っていないので、
彼自身の信念で「仁義」というのはアリですね。

引用:

MARINEさんは書きました:

 『仁義』という言葉を使わせたのは尾田先生が海軍をヤクザ、
というより映画“仁義なき戦い”シリーズの人々とたぶらせてるからだと思います。

そうなんですよね。
だからこそ、アウトロー側に仁義を語らせるのが筋じゃないんかのぅ……と
文太アニィのように思ってたみたいです。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-21 9:37 | 最終変更
aruki  懸賞金3300万ベリー   投稿数: 240
今回の戦争編は家族愛がテーマだと皆さんが言ってる通り、自分もそう思います
ですが自分としては無意識の自己満足またはエゴと無知は罪という事じゃないかと思います
エースが処刑される理由はロジャーの息子で世界が恐れる危険因子だからです
白ひげ海賊団の隊長という理由はここには無いのです
白ひげが言った通りエースには何の罪もない事です
だけど世界はエースの死を望む
エースを何も知らずに
それと同じ事が白ひげにも言えるかも知れません
世界の人々は白ひげを恐れてましたが誰一人として被害者はいませんでした
つまり世界のほとんどの人はただの噂で白ひげを嫌っていただけだと取れます
政府のやった虐殺は無視されてたたえられてるんですから皮肉です
無知によって死を望まれた二人という印象を受けました

そして今回は色々な無意識なエゴが絡んでいる悲劇ではないでしょうか?
まずエースを産んだ事も犯罪者の息子がどう扱われるのかを考えず、子どもを作りたいからを作ったという両親の無意志なエゴでエースは処刑される運命になった
海軍の権威の為に正義と言う形で理不尽を無視する海軍のエゴ
エースの自己満足の為の赤犬との対決
残された人の悲しみを分かりながらも笑顔で死んだのはエースの自己満足とも取れます
皆してルフィを助ける為に命をかけているのもそう考えると彼らの勝手な自己満足とも言えるでしょう
特に白ひげ海賊団
彼らには1600人の家族がいます
それを残してルフィの為に死ぬというのは残された家族にとってはすごく身勝手に思えます
家族の了解を得てやってるのかも知れませんが
それにルフィ一人の為にこの先、可能性ある隊長が死んでルフィ自体も傷つく可能性だってあります
まあ、これはエースが若くして隊長になったという台詞と0巻にてマルコ、ビスタ、ジョズの三人はかなりの年のようですからエース以外はかなりの年齢とも考えられます、とすると世代交代という意味もあるかもしれませんが
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-21 12:04
gaon  懸賞金7700万ベリー   投稿数: 460
今回のテーマは、「うねり出す世界〜新時代の到来」だと思います。まぁ、世代交代という奴ですね。

三大勢力の一つ・四皇の一角で最強を誇る「白ひげ海賊団」は今回の戦争で壊滅、海軍の戦力も低下し、七武海も黒ひげ、ジンベエが離脱、ハンコックもその可能性が高いです。モリアはルーキーに敗北したため、戦力に数えられるのはミホーク、ドフラミンゴ、くましかいませんが、海軍戦力の低下に伴い、一気に離脱するかもしれません。(くまは別ですが)

そうなると、三大勢力は崩壊し、世界は荒れると考えられます。それこそ、新時代の到来が始まるのかなと。シャボンディ諸島から今回の戦争編は、「うねり出す世界編」にあたり、戦争後の世界が「新時代の到来編」になるのかなと思います。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2010-3-22 1:13
snowman  懸賞金3300万ベリー  (居住地: ドラムロッキーの頂上、スノーバードの巣)  投稿数: 249
引用:

Bartsさんは書きました:

いえ、わかる気がします。
特に、センゴクはあまり表裏のあるキャラだとは思っていないので、
彼自身の信念で「仁義」というのはアリですね。


同感です。

センゴク『任侠発言』
作者尾田先生として・・・新たなるテーゼへの布石か?(深読みし過ぎ)

掲げる正義の形は違っても、仁義の形は違わないということではないでしょうか?(当たり前?)

読者である私(達?)は、モンキー・D・ルフィという海賊の視点でワンピースという世界を眺めているため、海軍(世界政府)は敵になります。特に今回は、ルフィにとって一番の理解者である、兄・エースを殺すという絶対的非正義を行ったのですから、その立ち位置も絶対悪の汚名を着せられつつあります。
よって、アラバスタでは絶対悪であった筈のクロコダイルまでが、共に海軍と戦ってくれるという理由から、根っからの悪党ではなかったという新事実が判明する訳です。

「人は共通の敵を持つと、隣の者を見方だと錯覚する」

空島編シャンディアの戦士ワイパーが、何やら釘を挿すような台詞を残しています。
これは海賊こそが胸に留め置かなければならない教訓だと思うのですが。

現実世界において、このサイトに集う大半の人たちにとっての『絶対的正義』とは民主主義の道義だと思います。ですがそれは、日本国憲法に謳われている「最低限の健康で文化的生活を営む権利」と聞いて、すぐに思い浮かべるイメージとは違ってきます。最低限の文化的生活という言葉が、その人によって、相対的に捉えられるからです。
私達は、自らの労働によって得た賃金をどんなに贅沢に遣おうと咎められません。例え、隣町で10人の人が貧困により餓死しようとも、今の生活水準を変える必要はないのです。
それが民主主義(資本主義)の事実上の正義です。

しかし、恩を恩によって報いるという図式が『仁義』であるならば、その正義はおのずと同義です。
人は社会のしがらみ故に立場を簡単には変えられない。簡単に立場を変えられるということは、簡単に人を裏切れるということになるからです。


「仁義を欠いちゃ、人の世は渡っちゃいけねんだと、ティーチのバカに教えてやるのがオレの責任だろうが!!」

白ひげのオヤジが、シャンクスとの会談で仰ってます。
この発言で、尾田先生が白ひげという人物を"イイもん"に描こうとしてると、私は確信しましたが。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2013-7-17 20:19
gontakun  ONEP.jp航海士  (居住地: ONEP.jp海)  投稿数: 4817


■我欲「ドレスローザ編」


人間の表裏である「欲」を裏テーマにしている?


「我欲」といった自制すべき欲望
わかっていても自制が難しい「人の性(さが)」




0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2013-7-17 20:49
SUN  ONEP.jp七武海  (居住地: 新世界 ホールケーキアイランド)  投稿数: 7838
 う~~~ん

「嘘と真実」とかか

「白と黒」じゃないですかね

「裏と表」みたいな。

ドレスローザは

ほとんどが嘘で塗り固められた王国

そんな国において

真実はひと握りしかない

そんな感じのテーマがありそうな気がします。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2013-12-17 12:25 | 最終変更
gontakun  ONEP.jp航海士  (居住地: ONEP.jp海)  投稿数: 4817
まあ、今更って感じですが、一応カキコ


■ドレスローザ編のテーマは、


   
  

   つまり、<物事の本質には、表と裏がある>
   

 ということを表現。



 そして、そんな苛烈下であっても

   「家族・親子の愛」が打ち勝つ!  



0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2014-3-31 1:27
gontakun  ONEP.jp航海士  (居住地: ONEP.jp海)  投稿数: 4817
■ドラム編とドレスローザ編

引用:

gontakunさんは書きました:

物語に社会派メッセージを込めているっぽい作者尾田さん。

ワンピースの各長編に秘められているかもしれない【作者からのメッセージ】を想像してみましょう?

※「かもしれない」なので、社会派メッセージなんてない!、ってこともあるかも。

■ドラム編


ドラム編で、ヒルルクが言った
「人が死ぬのは、忘れられた時」(詳細不一致)
って、、、セリフ


ドレスローザ編のキュロス曰く
「俺のこと忘れてくれねえか・・・」(詳細不一致)
って、、、セリフ


つまり、ドラム編とドレスローザ編から うかがえることは、
「生きているとは、記憶である」
ということ

そして、尾田さんは、
「記憶というものについて」深く考え、表現している
ということ

また、ドラム編の時に、「すでに、ドレスローザ編の構想があった」
可能性が高いと思われること


って、かし???


0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2014-4-1 1:55
sting  懸賞金1億ベリー   投稿数: 777
 確かに『記憶』が重要な要素になっていると思います。

 ただ思うのは、読者は常にその正体を見続けていたこと。つまりおもちゃたち=人間=記憶なので、記憶は決して消えてはおらずこの島にありつづけていたことを知っていたことになります。

 ストーリーの流れから察するに、おもちゃたちは再び人の姿に戻り出現していくことになると思います。

 なんとなくハッピーエンドになりそうな予感もでてきました。

 しかしそんな流れの後、あえて改めて『記憶』という要素に焦点を当てるのだとしたら、犠牲となる人物が必要になってくるのではないかと思います。

 キュロスの行く末に注目したいと思います。

 ディアマンテという仇を許せるとは思えません。刺し違える気がしてならないです。

 その結果、国中の人々に伝説となって記憶に残されていくのではないかと予想します。
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2014-4-5 18:52
gontakun  ONEP.jp航海士  (居住地: ONEP.jp海)  投稿数: 4817

■ドレスローザ編 


テーマ自体は、複数あるのだろうけど、その一つは 「人権」 っぽいなァ。

0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2016-12-10 20:32
gontakun  ONEP.jp航海士  (居住地: ONEP.jp海)  投稿数: 4817
■人権 (Re: 各長編のテーマ (&裏テーマ)は、何だろう?

作者尾田氏は、ONE PIECEと通じて、平和・人権を演出していることは事実、であろう。

関係する展開はいくつかあるけど、

概念的には、【選民思想】と【血】の【人の優劣】を問題視している。

つまり、【自由と平等】の人権という概念・観念の重要性を、ONE PIECEを通じて、メッセージとして表現している。


「選民思想」は、天竜人を通じて表現している。
「血」は、魚人を通じて表現している。

  ルフィのジンベエからの輸血である。



■ナチスの理屈


    <優れた民族の純血>


支配するものとされるもの。その違いは「血」である。

ヒトラーは定義した。


これに対して、尾田氏は「NO」と表現した。
   輸血を通じて。


単純な思考ですが。






ドラゴンは、天竜人の女性との間に、ルフィをもうけた。

ルフィの体には、「一般人の血」「魚人の血」「天竜人の血」

   すべてを自分の体に血として体現する存在。



ドラゴンはルフィの母の無念をもはらそうとしている。





自由は概念である。
平等も概念である。

概念ということは、理屈である。


/ごん


0
(0)    |

  条件検索へ


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp