■映画「スタンピード」のエターナルポース「LAUGH TALE」(ラフ テイル/笑い話)に理屈をつけてみた

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2019-10-12 19:06 | 最終変更
gontakun  ONEP.jp航海士  (居住地: ONEP.jp海)  投稿数: 5184
■映画「スタンピード」のエターナルポース「LAUGH TALE」(ラフ テイル/笑い話)に理屈をつけてみた

引用:

gontakunさんは書きました:
ワンピースFILM『スタンピード』にて

作中にラフテルへのエターナルポースが登場するのですが、そのエターナルポースに「LAUGH TALE」という文字が刻まれています。

(略)

/中年ごん

スタンピードは映画版なので、原作の展開・設定とは異なる部分もあるでしょうが、ちょっと一考します。



なぜ、このエターナルポースがラフテルを指すものなのか、わかったのだろうか?

ロジャーが海に投げ捨てて、それを海王類が飲み込んで、そして、その海王類から偶然に取り出すことができた。

しかし、それを入手したところで、それがラフテルを指すエターナルポースだとわかるには、前提条件が必要なはずです。


<前提条件>
・ロジャーが海中に投棄したラフテルのエターナルポースが存在することが世間に知られていた。または、知る人ぞ知る状態だった。
・そのエターナルポースには、「LAUGH TALE」と刻まれていた。


つまり、「LAUGH TALE」と刻んだのは、ロジャーのクルーである。

ワンピース世界が英語圏とは限りませんが、「LAUGH TALE」と刻んだクルーは「笑い話」という<駄洒落>調で書き込んだと解釈できる。


世間では、ラフテルの存在自体が笑い話的なものとして流布しており、実際にラフテルにたどり着いたロジャー一味にとっては、それは笑い話的空想ではなく現実であった。


そうした現状への「皮肉」を込めて、ロジャーのあるクルーは、あえて「笑い話=LAUGH TALE」と刻んだと解釈することができる。

はず???(笑)

/中年オヤジごん
0
(0)    |

  条件検索へ


gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp