キャプテン・ローグ-赤き海賊達の島- 第5話

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2018-11-6 23:19
kyou1102  懸賞金1億ベリー   投稿数: 891
前回



《ハロルド号 甲板》

フィフスの疲れ果てた姿に声をかけるレオニー

レオニー「おぃおぃ人が気持ちよく寝てたのに何の騒ぎだ?」
フィフス「何の騒ぎって・・・。あんた今まで寝てたのか?」
アルビダ達の襲撃に、震えあがる海賊達。

ジップ「おっかねェよな。女海賊なんて初めてみたぜ」
海賊A「俺もだ・・・。」
海賊B「しかも船長の妹なんてな・・・。」
ジップ「船長が良く言ってるだろ?世知辛い世の中だって」

その言葉に、急に納得し始める海賊達

レオニー「で?その船長は?」
ジップ「そうだ!レオニー!!大変なんだ!!船長が誘拐された!!」
レオニー「誘拐??」
フィフス「ほっとけ。」
ジップ「フィフっさん!!

フィフス「止めろ!!そのあだ名!!

レオニー「誘拐?また船長が、可笑しなことでもしでかしたか?」
レオニーは、嬉しそうに酒を飲み始める

フィフス「しでかす前ならいいけど・・・。」



ローグは、アルビダとお供の海賊に連れられ
路地裏を歩かされる。

ローグ「なぁ!妹よ!これから何処に行くんだ?」
馴れ馴れしく話すローグを海賊が、刀で口止めする。
アルビダ「辞めて。これでも一応私の兄よ」
その一声で、海賊達は、ローグから離れる。

ローグ「偉く物騒な連中だな」
アルビダ「・・・。」
ローグ「しっかし驚いた!お前がまさか海賊になってるなんてな!!」

アルビダ「少し黙ってて!」
ローグ「・・・承知した。」

ハロルド号が停泊している港から、反対側の港までたどり着いた一行。

ローグが連れてこられたのは、海賊船には、あまりに綺麗で。
華やかな海賊船

”トラモント・レオーネ号”

ローグ「ほぉ!コイツは驚いた!」
アルビダ「着いてきて」

ローグは、言われるがまま レオーネ号に乗り込んだ。

その甲板も、綺麗に掃除され 海賊達も見慣れないドレスを着て
迎えてくれている。

ローグ「・・・本当に海賊船か?」
アルビダは、返答せず進んで行く。
ローグ「・・・妙だな。皆服に飾られてる。」

ローグは、辺りを観察しながらアルビダについて行く。

アルビダが、扉を開けるとそこには、教会の様に
非現実的な空間で、中央には、テーブルが置かれ
その奥にもう一つの扉が存在する。

ローグは、驚きの余り口を開いたまま驚愕している。

アルビダは、護衛の海賊達を下げ
着いてきてと、再びローグに伝える。

二人は、その奥の扉に入ると
そこにも綺麗な空間が広がり 机と色んな書物があり
椅子に、小奇麗に座る一人の青年。

”海賊貴族”クラウス・ベラミエル

クラウス「お待ちしておりました。貴方様が、アルビダさんの兄君 ローグ船長ですね。」
ローグ「如何にも!この俺様が、キャプテンロ」

アルビダ「お兄ちゃん!
ローグ「ちゃん!?」

アルビダ「私が会わせたかったのは、彼なの」
ローグ「やっぱり男か!良かったじゃないか!」

クラウス「ローグ船長」
ローグ「なんだ?」
クラウス「実は、私もこの海賊船の船長をしております」
ローグ「・・・君が船長?随分小奇麗だな」

クラウス「ハハハ。お兄さんは面白い事を仰る。」

クラウス「申し遅れました。私クラウスと申します。」
クラウス「実は、お兄さんに協力してほしい事があるのです」
ローグ「協力??あぁ!いいとも!大切な妹の男なら!聞いてやろう!」

アルビダが一瞬ローグを睨むも、すぐに笑顔を作る。

クラウス「そうですか!お話が早くて助かります」
クラウスは、立ち上がり深くお辞儀をする。

クラウス「なら早速 ご相談させていただきます。」
クラウス「同盟を組みませんか?」

ローグ「同盟・・・ほぉ。あんたも面白い事言うね」
クラウス「有難きお言葉、ありがとうございます。」

クラウス「実は、とある海賊の盗伐を手伝って頂きたいのです」

ローグ「ある海賊?誰だ?」
クラウス「海賊。‷赤髭” レイス・バルバロッサ」



続く。
0
(0)    |

  条件検索へ


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp