パイレーツソウル 最後のパイレーツソウル6 "サン&ムーン"

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2018-2-9 22:42
SUN  ONEP.jp七武海  (居住地: 新世界 ホールケーキアイランド)  投稿数: 8067
ドリーム・ピース号甲板

キョウ「君は何故この船に?」

ラファ「……泳いでたら、いい寝床にありつけたからな」

キュー「ラファさんは何者なんだい?」

ラファ「あんたら見たところ海賊か」

「新聞で見た顔も」

レイ「レジスタンスよ」

ラファ「レジスタンスか」

「世界大帝国に負けた」

サキヒロ「……えぇ完敗でした」

マリン「この船を返して貰えませんか?」

ラファ「……持ち主だと言うのか?」

「可笑しいなロマドリメンバーが居ないじゃないか?」

キュー「元じゃダメかな?」

ラファ「元かならおいらを雇え」

「嬢ちゃんあんたがこの船引き継ぎな」

レイ「えっ私が」

「海賊でも無いのに」

ラファ「副操縦士のおいらがいる」

「狙撃も砲撃も、もちろん操舵も」

「ただ飛ばないとな」

スタン「わたくしもそう思います。」

キョウ「船医と船大工が足りないか」

マリン「あとはヨッシーさん」

「ワンセさんにルックさんとかめさんに」

ドリーム・ピース号は久々の航海へ

数年後

レイ「……ログはこっちを」

ラファ「本当に居るのか?」

ワンゼ「彼なら船を飛ばせる」

ルック「オヤビンの言うとおり」

かめ「まぁ、天才らしいしね」

ヨッシー「まだ健在だったか」


海洋王国ジェルマ王国

レイジュ「ようこそ」

「あいにく父もシーザーも不在よ」

「あなたたちレジスタンスね」

「私たちも帝国にはうんざり」

「良いわジェルマとシーザーと」

「未来国と悪ドラムにベガパンクの研究チームが」

「飛行船くらい造るわよ」

レイ「……知ってたんですか?」

レイジュ「見聞色と顔に出てるわ」

「ドクター・シド」

シド「……久々の客だな」

「私はシド」

「かつての名はベガパンク」

レイ「ログの通り、そして今指針が変わった」

パンク「船は数日で完成させよう」

「船大工と船医のプログラムがある」

「サイボーグ犬シロをあげよう」

シロ「吾が輩が君たちをサポートしよう」

レイ「犬もしゃべるんだ」

数日後

パンク「ネオドリーム・ピース号だ」

ワンゼ「じゃあ頑張れよ(*゚▽゚)ノ」

レイ「このログの先に彼が」

ラファ「……早速行くか」

スタン「飛ぶといいな」

「忘れてたがおれは見た通り魚巨人の血をひいた、ヒューマロイドに改造されたもんさ」

「つまり力も寿命も長い」

シロ「見た目より長生きなのか?」

スタン「わたくしは百は超えてる」

レイ「長生きなんだね」

ラファ「そろそろ着くか」

レイ「……絶景の孤島」

サンのいる孤島

レイ「……行ってくる」

島の見晴らしのいい場所へ

サン「……」

振り向きレイを見る

レイ「……」

コンパスを差し出す
指針はサンを指し示している

そして今は二人を

現在
孤島

レイ「……そうしてあなたを見つけたんです」

サン「不味い(ーー;)」

「満月が出る」

「レイ彼を止めに行かないと」

ネオドリーム・ピース号

スタン「どうしたラファ」

ラファ「制御は出来るけど」

「月の見えない場所に」

シロ「月の獅子だ」

「ミンク族の本来の姿」

サン「さてと」

袋を被せる

レイ「部屋へ運ぶわ」


船長室

サン「……航海中もたまにあったろ?」

レイ「えぇ、まぁ」

サン「私も久々に使ってみるか」

座禅をくみ覇気を集中させる

レイ「まさか、肉体が」

若い男「……ダークネス・シャドー」

「私の名はムーンと」

「影に記憶させた力だ」

ファントム・ザ・ムーン

全盛期のサンの姿である

レイ「神出鬼没の幻影」

「ファントム」

「それがあなただったとは」

ムーン「……」

「私の通り名」

「その真髄の一部さ」

ロウ「真髄じゃとひよっこが」

「ナナシのファントムに名前などつけおって」

「お嬢さん怪しい男と二人きりはダメじゃ」

ロウの霊体が現れる

ムーン「あいにくおれは彼女には」

「娘や孫娘のようにしか見てないよ」

レイ「私もマスターを親のように」

「祖父のようにも」

ロウ「家族を失ったからか、足らぬものを互いに求めるか」

ムーン「戻りますか」

影が交代し座禅をとく

サン「……彼もたまには出さないとね」

ロウ「光と闇の境界を見せたか?」

サン「まだです」

ロウ「……感じるぞ、覇気に絆が」

レイ「この感覚はかつて」

航海中

スパロウ「レジスタンスの皆さんじゃないですか?」

キョウ「ネクスト・ウェーブか」

スパロウ「海賊長のキョウに四皇のキューとサキヒロと七武海ソウル」

「全員……今のおれの敵ではない」

「せいぜいぬるま湯のレジスタンスで」

「おれらに足掻いてな」

覇気を放ちみんな一瞬怯む

レイ「……えっやぁ~~」

レイピアを抜く

スパロウ「それはサンの」

「そうか貴様が新たな選ばれし者」

「銀の弾丸にもなりうる逸材」

「あの方が闇の帝王」

「世界大帝が闇に堕とすか」

「必ず息の根をと」

サーベル振りかざす
何かに弾かれる

スパロウ「……邪魔が入ったか、
今日はここまでだな」

消え去る

現在孤島

サン「……スパロウ」

古傷が疼く

レイ「私に彼に大帝国に勝つ力を」

ロウ「……どうやら彼女は芯がありそうじゃな」

サン「1つ聞くが、勝って出来るのかなの」

「新政府にも出来なかったことを」

レイ「やり遂げます」

サン「……わかった」

「明日からは実戦を交える」

「近海までなら船を出すか」

翌日

ネオドリーム・ピース号

サン「……小型船を出そう」

レイ「どこへ(゜Д゜≡゜Д゜)?」

サン「竿は持ったか」

レイ竿をふる

サンがレイを海へ突き落とす


ラファ「あのジジイなにを」

シロ「あれも修行さ」


サン「……見てこい」

「この世界の渦の中心を」

「己の心の奥を」


レイ「……」


つづく
0
(0)    |

  条件検索へ


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp