Utopia 253話『おれたちの夢とワガママ』

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2018-1-15 10:22
CUE  ONEP.jp四皇   投稿数: 4363


『神酒の海
レモントルネー島』



竜胆「ンでェっ!?
   なンだって!!??」  ガガガガガ・・・



【伝説の技術者
竜胆(RINDOU)】




スパンダム「だーかーら!!
      おれにあんたの技術を教えてほしいって言ってんだ!!」



竜胆「・・・で、いきなりおれの家にやってきて技術を教えてほしいだァ?
   ・・・てめー」




竜胆「金持ってんだろォなァ!?」  どどーん!




スパンダム「ああ・・・300ベリー」




竜胆「子供か!!??」    がびーん!!




スパンダム「いいじゃねェか!!
      ところでおっさん何作ってんだ?」


竜胆「あン?
   ・・・こりゃあよォ
   小型爆弾

   名付けて・・・そうだな
   「りんどうボムマーク2」!!」  



スパンダム「だっさ・・・」  



竜胆「ひえーーーーっ!!!
   この伝説の技術者にその口の効き方!!」  汗



スパンダム「小型爆弾っつーっと・・・
      最近出回ってる「ピリオド」と一緒か?」



竜胆「いーや違うね
   ありゃおれに言わせれば美しくねェ

   衝撃が大きすぎて色んなものをブッ壊しちまう

   ・・・破壊したいものを的確に破壊するのが・・・」  ポンッ






竜胆「うつくしい破壊 さ!!!」  ブンッ





『竜胆は空き瓶に向かって小型爆弾を投げる』






    パァン





スパンダム「うお!!!」


竜胆「ッ!!」








しーーーー・・・ん・・・




スパンダム「空き瓶が・・・消えた!?」  汗


スパンダム「いや・・・
      破壊されたんだ今の爆弾で・・・

      小さな欠片一つも残さず・・・的確に・・・」



スパンダム「お、おっさん!あんたすげー・・・」





竜胆「・・・!!!」 ドキドキ・・・!!





スパンダム「おめェが一番驚いてんじゃねェか!」 







――――――――・・・




竜胆「ここがおれの部屋だ
   自慢したくなった 入れ」


スパンダム「ああ、邪魔するぜ・・・」  ガチャ・・・




スパンダム「・・・!!!」



スパンダム「な・・・なんじゃコリャ・・・」  汗






『竜胆の部屋には見たことないような武器
そしてロボットのようなものが大量に飾ってある』




スパンダム「な・・・なんだこの夢のような空間・・・
      まるで未来の空間だ・・・見たことねェ・・・」




竜胆「政府も海賊も
   おれの技術を欲しがってる」


竜胆「だがおれは
   だれにも手を貸したくねェから
   この島に隠れ住んでるワケさ」



スパンダム「な、なあ・・・このロボット・・・
      動くのか?」




竜胆「そりゃあロボットじゃねェよ小僧」  ニヤ・・・



スパンダム「は?」



竜胆「“着る”んだよ・・・!!!」



スパンダム「な・・・え・・・え・・・!??」



竜胆「“バトルスーツ”って言ってな
   おれが考えた

   このスーツを着れば・・・」  ガチャン!ガチョン!!




『竜胆はバトルスーツを着る』



スパンダム「おおお・・・!!」  




竜胆「見よ!!!これが!!!」  ガチャン!



竜胆「バトル竜胆~X~!!!」 ドンッ




スパンダム「キャーーーー!!!!」  




竜胆「いくぜ!!」  ガ・・・ガガガ・・・


スパンダム「・・・ん?」


竜胆「く!・・・こう、操作がうまくできな・・・
   こっちを・・・あ、そうじゃなくて・・・」




ずでーーーーーーん!!!



『竜胆はすっころぶ』



スパンダム「えーーーー!!!かっこ悪っ!!!」  



スパンダム「おっさん!大丈夫か!?
      男の夢を壊さないでくれよ!!!」


竜胆「うるせェ!!
   ・・・自分が想像した武器は自分で作れるが・・・

   バトルスーツだけは未だにうまくできん!!」



竜胆「とにかく自慢は終わりだ!!
   帰れ!!!
   見せモンじゃねェぞ!!」



スパンダム「・・・・・・・・・」



スパンダム「おっさん・・・おれも付き合うぜ」



竜胆「あ!?」  汗



スパンダム「あんたの“夢”にさ・・・

      正直おれはこの島に来て
      強そうな武器もらえたらいいなって
      思ってたけど・・・

      あんたを見て気が変わった・・・

      おれは“狙撃手”で!
      “技術者”だ!!


      バトルスーツを完成させよう!2人で!!」



竜胆「こ、・・・小僧・・・」



竜胆「し、・・・師匠と呼べ・・・」


スパンダム「?」


竜胆「おれァおっさんじゃねェ!
   おまえの師匠だ!!」


スパンダム「ああ!!よろしく頼む!!師匠!!!」  ドンッ






イッチ・・・

おまえ今、なにしてんだ?
どんなこと、想ってんだ?

おれはなんとかうまくやってるよ

おれは今まで逃げ回ってばっかりで
まもられてばっかりだった・・・

イッチ・・・そろそろおれも変わろうと思う
イッチ!おまえは進め!!
後ろなんて気にしなくたっていいさ

おまえの背中は、狙撃手で技術者であるおれが
まもるからよ








『忍びの国“カクレ”』




ティル「ここがーーーーーーー!!!!
    忍者の国ーーーー!!!」  



サスケ「ティル殿
    この国に来てからずっとテンション高いでござるな」



【忍者
サスケ(SASUKE)】




ティル「“ござる”口調キター!!!」  



ティル「ねえねえ!手裏剣見せて!隠れ身の術見せて!
    火遁の術おねがいします!!」



サスケ「忍術というのは・・・
    人に見せびらかすものではないでござるよ

    いつでも隠れ!!忍び!
    決して揺るがない信念と覚悟を胸に秘める
    言わば気高い“戦士”!!」  ドンッ



ティル「・・・かっこいい・・・」  


サスケ「フフフ・・・」


ティル「あ、わたしも忍術使えるよ!」


サスケ「?」



ティル「お色気の術!」 うふん



『ティルは胸をギリギリまで見せる』




サスケ「ドゥハッ!!?」 ぶはーーっ





ざわざわ・・・



「え、サスケさんが鼻血をだした・・・」
「サスケさん・・・」
「お色気の術モロに喰らってる・・・」



サスケ「ハァ・・・ハァ・・・」  ボタ・・・ポタ・・・




ティル「サスケベだね」



サスケ「(えェーーーっ)」  汗



ティル「でもサスケさん、すごく強いね
    戦わなくても分かるよ、わたし」


サスケ「!」


ティル「・・・わたしも、強くなれるかな」



ティル「わたしね
    この世界をすべて見て回るのが夢なんだ

    この世界がどんな世界なのか知りたい」


サスケ「・・・」



ティル「一緒にいたい仲間もいる
    仲間の役に立ちたいわたしもいる

    弱いままじゃあ
    わたしの“ワガママ”を全部突き通せない」




ティル「サスケさん!」



サスケ「?」



ティル「わたしを弟子にしてください
    わたし、強くなりたいんです!!」



サスケ「・・・忍術は・・・難しいぞ」



ティル「難しいほうが
    ・・・“燃える”よねっ!心!!」  にこっ



サスケ「フフ・・・分かった
    君に忍術のすべてを教えよう」



ティル「!!ほんと!?

    ありがとう!!!お礼の・・・」


サスケ「?」



ティル「お色気の術っ!!!」



サスケ「がはぁっ!!」  ぶはーーっ





イッチ・・・

イッチがわたしを海に誘ってくれたこと
すっごく すっごくうれしかったんだ
わたしはずっとあの島で過ごすと思ってたから

ほんとは世界が見たかった
ほんとは冒険がしたかった

イッチがわたしの人生を
キラキラさせてくれたんだよ

今度はわたしの番だね、イッチ
今度会うときは頼りがいのあるわたしだから

まっててね






1
(0)    |

  条件検索へ


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp