キャプテン・ローグ-赤き海賊達の島- 第3話

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2017-10-12 23:47
kyou1102  懸賞金1億ベリー   投稿数: 867
前回


《とある島・ジャングル奥地》

ローグとフィフスとジップと乗組員3名で、
別の島のジャングルを進んでいた。

フィフス「おぃローグ・・・。やっと海に出たと思ったのにまたジャングルか」
ローグ「黙ってついて来い」
ジップ「レオニーさん ぶち切れてましたもんな」

ローグ「確か・・・この辺って聞いたが。」

進んだ先に、大樹に引っかかっている一隻の船が現れる

フィフス「なんだ・・・あの船」
ジップ「・・・まさか・・・」
ローグ 驚くクルーを気にせず進んでいく

ジップ「船長!あれは・・・!!」
ローグ「古い友人みたいなもんだ・・・」

フィフス「知ってるのか?」
ジップ「知ってるも何も 逆に知らないんですか!?元海兵なのに」

フィフス「海賊か?」
ジップ「海賊も大海賊の一人 ”カイ・アプー”の空飛ぶジャンク号ですよ!!」

フィフス「東の海のか・・・。」
ジップ「ひと昔前の大物ですよ・・・なんで船長が そんな」

ローグ達は、大樹に吊るされた網をツタって
船までたどり着く。


《ジャンク号・甲板》

カサカサッと 大量の蟲が、走り回っている。

フィフス「な・・・気持ち悪いな」
ローグ「久しぶりだな!」

ローグの声の先に、座り込んでいる 老人がいる

彼の名は、

”カイ・アプー”

”ウィリアム・オーバー”
”黒髭”
”海賊処刑人 エドワード・キッド”

が、活躍した海賊時代の大海賊の一人。

手下を乗せず、たった一人で、数々の戦いを乗り越えた男。

しかし、そんな彼の伝説からは、想像できない程 汚らしい爺さんだ。

アプー「久しぶりだな・・・。”ローグ”」
   「なんでも”太陽の劔”を手に入れたそうじゃないか」

ローグ「まぁな。よく知ってるな?」
アプー「虫の知らせだ。」

アプーの周りに、色んな虫が走りまわっている。
フィフスは、ジップの後ろで脅えている

アプー「で?俺になんの用だ?」
ローグ「実は、とある虫を探してる!」

アプー「あぁ。そうか。」
ローグ「・・・そうさ!」

アプー「欲望蝉だろ」

ローグ「そうだ!」

アプー「ハハハ。そういえばそんな噂もあったな。欲望蝉が鳴く所に、7つの財宝在り。」
ローグ「何処にいるんだ?」
アプー「あいつ等を見つけるのは、困難だぞ」
ローグ「だから、あんたに逢いに来た」

アプー「・・・島が赤く染まる島の森にいるさ」
ジップ「赤く染まる??」
アプー「そうさ。宝石が輝く島だ」

ローグ「それは、何処にあるんだ?」
アプー「探せよ、海賊だろ?」
ローグ「・・・金をやる」
アプー「金に興味はない、それに俺もそう長くない」
アプー「・・・最後に在った人間が、お前っての皮肉なもんだ」

ローグ「皮肉っていうなよ 昔よく飲んだ仲だろ?」
アプー「馬鹿言え、何度俺の財宝を盗んだ?」

ローグ 困った顔をしながらも わかったと返事をし、
その場を立ち去ろうとした時 アプーが口を開いた。

アプー「そういえばお前ら。海賊狩りには、在ってないのか?」
フィフス「海賊狩り??」
アプー「なんだ・・・知らないのか?近頃有名な話だろ?」

ローグ「欲望蝉探すのに 忙しくてそれ所じゃなかったんだ」

アプー「なるほどな。なら冥途の土産に教えといてやる」

アプー「今、海では 海賊共の潰し合いが起きてる」
ジップ「海賊共っていつもじゃ」
アプー「赤髭を筆頭に、時代に去られた海賊達を軒並みつぶしにかかってるそうだぜ」

アプー「そして、若い名の在る海賊達もな」

ジップ「赤髭って言ったら 黒髭大海賊団の傘下の海賊でしょ?」
アプー「そうさ・・・。」
ローグ「また厄介なのが暴れてんだな」

アプー「ローグ。お前は、海の悪霊の話を知ってるか?」
ローグ「いいや」
アプー「信じるも、信じないもお前ら次第だ。」

アプー「俺達の同期に ”ジョーンズ”ってそりゃ強い海賊がいた」
その名を聞いて、ローグ以外のクルーの顔色が変わった。

ジップ「デイヴィー・ジョーンズの噂なら聞いた事がある・・・。」
フィリップ「黒髭さえも、震えあがる海賊・・・。」

アプー「あぁ・・・。そうさ。」
アプー「奴は、”海の呪い”によって沈められ 今の海の底を彷徨ってるらしい」

アプー「ってのが、噂話だが・・・。」

ジップ「続き話が在って、その呪いを解く方法は、船長の生首10個と、船を100隻沈めれば その呪いが解かれ、奴が海に戻ってくる・・・。」

アプー「なんだ、知ってるのか」

フィフス「有名な話だな・・・。皆作り話と笑ってるけど、小さい頃よく親に言われたっけか」

アプー「赤髭は、それを試すつもりだ」

ジップ「あの赤髭が??おとぎ話を信じてるんですかぃ?」
アプー「・・・”黒髭が何故海を捨て、自分の島に引きこもるのか”・・・。」

ローグ「おぃおぃ!俺を置いて話を進めるな!」

ローグ「まぁ赤髭に気を付けろって事だろ?わかったよ!ありがとな!」
アプー「気をつけろよ。今の海は、今まで以上に荒れてるぞ」

ローグ「大丈夫!荒波なら慣れっこさ!」

ローグ、先に降りていく。

フィフス「おぃ!待てよ!ローグ」
ジップ「ありがとうございまし・・・」

ジップが、アプーの方を見ると、そこにはさっきまでいたはずのアプーの姿が
見あたらず、そこには、さっきまでいなかった大量の蟲が、飛んで行った。




続く。
1
(0)    |

  条件検索へ


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp