キャプテン・ローグの冒険 第10話

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2017-8-22 23:59
kyou1102  懸賞金1億ベリー   投稿数: 867


前回

ジップは、クルーンが海に落ちるのを唯一見ていた。
ジップは、急いでロープを用意し、クルーンを引き上げようとする

捕まれ!!

クルーンは、その声を頼りにロープに捕まり
しっかりそのロープをジップが、引っ張っていく。

しかし、氷の兵隊がそれを見つけジップに襲い掛かろうとする

ジップ「待て待て待て!!今は!!」

ズシャン!!

氷の兵隊を一人で、何体も倒して行くフィフス

ジップ「ありがてぇ!」
フィフス「しっかり引き上げろ!!」
フィフスも協力して クルーンを引き上げる

クルーン「はぁ・・・はぁ・・・助かった」
ジップ「高いぞ」
クルーン「あぁ!ありがとう!!」

ジップ「あれ?あいつは??」

ズドォン!
ズドォン!

どんどんデュアル・ベック号が、ハロルド号に近づいてきてしまい
遂に、エドワードが、ハロルド号に、乗り込んできた。

ドン!!

エドワード「ロォォォグ!!!

ローグ「ひゃぁ!!」

エドワード「さぁ始めようか。」
エドワード「処刑の時間だ


ゴーストプリンセスが、エドワードを睨む

取り引きの内容と違うのでは?

エドワードは、深く溜息をつく。

エドワード「あぁ・・・確かに取引したな?」
     「海賊は、全て俺が殺してやるとお前に」
     「だが、コイツは。少し別だ!俺様がやる!わかったか!?」

レオニー「エドワード!!

エドワード「・・・レオニー!あぁ!生きてたのか!?」
レオニー「5年振りだな」
エドワード「何故この船にいるんだ?一生優雅な島暮らしが在ったろう」

レオニー剣を2本持つ

レオニー「お前の野望を止める為だ!!

レオニー、エドワードに挑むも、エドワードも2本の剣で、打ち返す


その隙を見て、その場から立ち去ろうとするローグの前に
再びゴーストプリンセスが、立ちはだかる

お兄さん・・・何処へ行くんだい?

ローグ「おぉ!綺麗なお姉さん!ちょっとした用事で(ニッコリ)」

そぅ?私も、あなたに用があるの

そういうと、ゴーストプリンセス再び、氷の剣を創り出す。

ちょっと待て!!

!?

そいつを殺すのは!!

フィフス「俺だ!!!

ズドォン!!

ゴーストプリンセスを、剣で押し倒す

ローグ「フィフス!!」
フィフス「何俺以外の奴に、殺されかけてんだ!?殺すぞ!?」
ローグ「おぉ・・・怖」

ゴーストプリンセス、立ち上がり二人に襲い掛かるも
二人で、ゴーストプリンセスに立ち向かう。
そして、また雹を撃ってくる。

フィフス「ちっ・・・厄介だな」
ローグ「だろ?」

いつまでもつかな??




シルビア!!


その声に、ゴーストプリンセスの動きが止まる。

クルーン「・・・シルビアなのか・・・」
何故・・・あなたが此処に

クルーン「シルビア。今すぐやめてくれ。こんな事」
それは、出来ない。私は、私をこんな目に合わせた海賊に逢うまでは

クルーン「それが・・・あいつだとしても協力するのか」
クルーンは、エドワードを指さす

そんなはずは!だってあの人は海兵

クルーン「でもあり海賊だ・・・。」

・・・


ズシャン!!

レオニー、エドワードに押され倒れ込む

レオニー「はぁ・・・はぁ・・・。」
エドワード「どうした?レオニー。随分息を切らして」
エドワード「もぅ限界か?」

レオニー「くそ・・・。身体が」

エドワード「別れだ・・・レオニー」

貴様!!!

ゴーストプリンセスが エドワードに向かってくる

そして、エドワードを吹き飛ばす。

エドワード「どうしたってんだ?ゴーストプリンセス・・・。」

私を海に沈めたのは、あんたって本当か?

エドワード「誤解だ・・・俺は、海兵の総督だぞ?」

クルーン「でもありまだ海賊だろ?総督」
エドワード「貴様は、この女を追ってきた若造!?」

ローグ「・・・ドンマイだな・・・処刑人。」

ジュワァ!

ローグ「!?」

エドワード「太陽の劔!?貴様・・・」

クルーン「諦めろ、総督。あんたの負けだ」

エドワード「野郎共!!何してる!!さっさと手を貸せ!!

ローグ「残念だが、海兵達ならあんたの味方には、ならんぞ」
エドワード「何!?」
ローグ「俺がたった2日何もせず、潜り込んでたと思うか?」

エドワード「貴様・・・何をした」
ローグ「簡単な事さ あんたを倒す。そう約束しただけだ」

エドワード「貴様・・・」

で?どうなんだぃ?

エドワード「あぁ!そうさ!!この俺様さ!!俺が

ズシャン!!

エドワード「・・・。」

シルビアが、氷の劔で、エドワードを突き刺す。

エドワード「ガハッ・・・」

バタン。

エドワードは、そのまま倒れる。

クルーン「シルビア・・・。」

レオニー「エドワード、あっけない最後だな」
フィフス「・・・これも人生さ」
ローグ「だな」

クルーン・・・。私は、あなたともう

クルーン「・・・シルビア」

その瞬間、エドワードは、氷の劔を抜き、
油断したローグを襲いかかり 太陽の劔を奪い取り 
ゴーストプリンセスの心臓目掛け突き刺す

!?

クルーン「シルビア!?

エドワード「言っただろ・・・海賊だと。」

シルビアの頭の中で、そのセリフが
蘇る。

あの夜、自分を襲い海に沈めた男のセリフ。

そしてゆっくりシルビアの身体が、太陽の劔の熱で溶け始める



第11話に続く
0
(0)    |

  条件検索へ


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp