第858話“会議”感想 & 第859話 予想

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2017-3-13 0:05 | 最終変更
SUN  ONEP.jp七武海  (居住地: 新世界 ホールケーキアイランド)  投稿数: 7981
前回の第857話“ルーク”のまとめ

扉絵リクエスト:「プールを楽し むハン コック」

【スイートシティの外れ】

サンジに現状を教えるルフィ ナミさんに怖い思いをさせたから 会わせる顔がないというサンジ

パラ… パラ…

雨の勢いが弱まっていく。

【鏡世界(ミロワールド)】

『もしもしチョッパー!!?』とキングバー ムの上 で話していた時のことを思い出す ナミ。

鏡に向かって話しかけるチョッパー

「おーいルフィ〜〜〜!!!」

【スイートシティの外れ】

草むらに鏡の欠片を見つけるルフィ

ポーネグリフの写しを手にいれたことを知らせ る

テレまくる一同。

結婚式を潰すまでまだ サンジが帰れないことを知らせる

しーー…ん…

『『やったァ〜〜〜〜〜〜〜!!!!』』と 大声が響 く。

思わずズッこけるサンジとルフィ。

ルフィサンジが仲直りしたことを喜ぶが

ナミ『ああ…サンジ君』

『あんたが私を“恐怖のどん底”につき落 とした 件は…』

サンジ「…………!!」

ナミ「絶対に許さない」どん!!

その言葉が矢となってサンジに突き刺さ る。

サンジ「オウ!!」

ナミ「──だけど一旦忘れましょ!お茶 会まで 時間がない…!!」

「あんたには必ず帰って来て貰うからね サンジ 君!」

サンジ「えェ〜!?」

「それプロポーズ!? ナミさん♡」ズッキュー ン

このやり取りがいいな やっと何時ものサンジらしくなったな

ジンベエ「更にはお前さん達…ここで色んな大 臣 達に見えたと思うが」

「それは『ビッグ・マム海賊団』のほん の氷山 の一角」

「茶会にはその上の猛者共が出席する」

「そして各国より招かれる」

「闇の世界の帝王達…!!」

ヴォルデモート卿 ダース・ユアンガス卿が来るのか?

ジンベエ「対する我々は」

ジンベエ「わずか」

「10人しかおらん」

ブリュレ「おい!! アタシら入れんじゃな い よ!!(汗)」

ディーゼル「サバ読むな!! たった8人だ ろ!」

ブリュレたち数に入れてるwww

ジンベエ「カポネ“ギャング”ベッジを 知っとる な?」

ルフィ「うんサンジを連れてった奴 だ!!」

ジンベエ「ああ、お前さんと名を並べ る“最悪 の世代”のその一人」

「奴の故郷“西の海(ウエストブルー)”では強大 な5人 のマフィアが裏社会を牛耳ってお るんじゃ」

サンジ「?」

ジンベエ「『西の五大ファミリー』」

「その5人のボスの1人だったのが…あ の“ギャング”ベッジ!!」

「“ギャング”という呼び名は奴の若い 頃“鉄砲 玉”として名を上げた頃の名残 り…」

「イカレた若僧で」

「生物の頭を切り…もがく体を見て喜ぶ 様な男 じゃったと聞く…!!」

ルフィ『!?』

ぞくっと背すじが凍るチョッパー

ルフィ「何だそのひでェ話……!!」

ジンベエ『それを「組織」に置き換えて も同じ 事が起きる…!!!』

『若いギャング時代も常に裏社会のボス の首を 狙いファミリーを率いても抗争 相手のボスの首 だけを取った』

『──じゃがその『地位』にも『ナワバ リ』に も興味を示さず…金品だけを奪 い』

『その後内部で起きる血まみれの覇権争 いや』

『裏で繋がる権力者達の狼狽を見て楽し んだ』

『実に悪趣味な男じゃ…』

『しかし世の中やればやり返されるも の…!!』

『奴は常に“復讐者”達にその首を狙われ る様に なる!!』

『──が…ベッジにとってはそれも楽し み』

『【鉄壁の城】を構え返り討ちにし…敵 の無念 をまた嘲笑った』

ルフィ『………!!』

ジンベエ『丘に飽きて海へ出てもやる事 は同じ じゃ』

『名のある海賊団の船長の首だけを取 り…名を 上げた!!』

ルフィ『………!!』

『何で今そんな話をおれ達にするんだ!? ジンベ エ?』

ジンベエ「海でも…復讐者達に追われ続 ける奴 に『四皇』の傘下とは格好の隠 れ家…!!」

「ベッジはビッグ・マムの傘下に入っ た」

ナミ「……!」

ジンベエ「そして研ぎ澄まされた警戒心 と防衛 力の高さを買われ」

「今回の茶会ではとうとう戦闘員『城 (ルーク)』 の称号を得て」

「茶会の護衛の全権を任された」

「護衛が自分達ならば“邪魔する者”はお らんと いう事じゃ…!!』

ルフィ「……え!?」

ジンベエ「今回の茶会のメインイベント は『結 婚式』…!!」

「知っての通りその式にてビッグ・マム はヴィ ンスモーク家を皆殺しにし…」

「『ジェルマ』の全てを手に入れる腹づ も り!!」

「しかしそれに浮かれた会場で」

「ベッジは」

「ビッグ・マムの首を取る気なん じゃ!!!」ド ン!!

ルフィ『え〜〜〜〜っ!!?』

サンジ「どうなってんだ…!! 陰謀まみれ じゃ ねェか!!!」

ルフィ「………!!」

ジンベエ「ルフィ」

「お前さん達をここへ案内したペコムズ は実は ベッジ達に連れ去られ…作戦への 協力話を持ち かけられとった」

ルフィ『ペコムズ…!! そうだったの か!!』

ジンベエ「義理堅いペコムズは当然それ を断 り…!!」

「口封じに岩壁で撃たれサメの群がる 海へ落と された」

ルフィ「え〜〜〜〜〜!!!」

ジンベエ「が…それをわしに仲間が見つ け…間 一髪助かった」

「今は療養中じゃ…!!」

ルフィ「よかった無事なのか!!」

「散々だなあいつ!! ベッジの奴許さ ねェ!!!」

ジンベエ『…………』

『ルフィ、ここからが相談じゃ…』

ルフィ「?」

ジンベエ『わしはこの作戦をペコムズか ら全て 聞き…考えた』

『お前達はどう動くか』

『この全貌を知ったら…きっと『サンジ とその 家族を救出したい』と考えると思 うた』

ルフィ『……』

ジンベエ「ペコムズには悪いが今この状 況で… ベッジを敵に回しとる場合か?」

ルフィ「ん??」

ジンベエ『茶会の開宴は朝10時──今 から約5 時間後じゃ…』

「今から作戦を練る我ら10人に対し…」

ブリュレ「アタシらを入れんじゃねェ よ!!!(怒)」

ディーゼル「この外道共!! 必ずバラして や る!!」

ジンベエ『ベッジ達はこの日の為に周到 な準備 をしておる』

ルフィ「ん〜??」

ジンベエ「ルフィ!! サンジ!!」

「ベッジと手を組まんか!?」ドン!!

ルフィ『え〜〜〜〜!!?』

ルフィ「──でも確かにそうだ!!」

サンジ「おい正気かルフィ!!!」

焦るナミ「乗ってない?ルフィ」

笑うジンベエ「ホラ見ろわしの言う通 り!」

チョッパー「ルフィ!! おれ達4対2で反対 なん だ!!」

ジンベエ『実はもう御膳立てはしてあ る!! 会っ てみるか!?』

ルフィ「よし!すぐ会おう!!」

一同『え〜〜〜!?』

ジンベエ『安心せい嫌なら断って構わ ん!!』

『目的はわずかに違うのでな』

【ホールケーキアイランド北西『ファイ アタン ク海賊団』アジト】

カポネ「ボビンを消したのか?」

怪人ヴィト「──ええ“黒足”を追いかけ てたの で」

「──だってジェルマはおれのヒーロー ニョロ ロ!!」

兵士「ホントにあいつらここへ来るん で?頭目 (ファーザー)」

カポネ「ジンベエは冗談を言うような男 じゃ ねェ!」

「お互いビッグ・マムと敵対する以上、 余計な 敵を増やすべきじゃねェってのは 正論だ…!!」

「──後は“麦わら”の出方次第…!!」

「イケ好かねェ時ァ」

「ここで消すまで!!!」

なんかベッジの近くにシーザー居ないか?

ペロスペローが図書室いたし なんかあったのかな?

ローラの姉妹シフォン居るし パウンドのことも気になるしな
第857
パウンドケーキ シフォンケーキ ローラはロールケーキか で舞台はホールケーキアイランド

ケーキまみれだなwww

まぁ…ルフィは乗り気だし ては組むだろ

ペコムズ散々だな

やっと畳にきたか 後はパウンドの現状だな 後サニーとシャーク回収か
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2017-3-13 19:26
SUN  ONEP.jp七武海  (居住地: 新世界 ホールケーキアイランド)  投稿数: 7981
カラー扉絵はアメフト姿の一味。 背番号はそれぞれの誕生日 ルフィ55 ナミ73 ゾロ11 サンジ32 ブルック43 チョッパー24 フランキー39



【ホールケーキ城8階「巨大キッチ ン」】

【ウエディングケーキ制作大詰め──】

料理長に合わせ、シェフたちが歌う。



【ビッグ・マム海賊団総料理長 “美食騎士シュトロイゼン”】

ドン!!

涙のシュトロイゼン総料理長。



【ホールケーキアイランド「東の入り 江」】

ペコムズが安静にしてるが
ベッジの件をマムに報告へ行こうとするが

プラリネがどすん!!


しかしまたしても起き上がるペコムズ。



ギク!!

ペコムズはタイヨウの海賊団の言動を怪しむ

【ルフィ&サンジ】

ジンベエの言葉通りに歩くルフィとサン ジ。



【「ファイアタンク海賊団」アジト】



【お茶会開宴まで──あと4時間15 分】

出迎えたのはヴィト。



【“怪銃”ヴィト】



そこにやってくるチョッパー。


風呂に入って別人になっているチョッ パー。



ボロボロで薄汚い2人が顔を見合わせ る。



【ベッジアジト内女風呂】

シャワーを浴びているナミがシフォンと 話している。



シフォン「ママは理由(ワケ)あって全世界の巨人族 に嫌われてるの」

ナミ「!?」

「え?巨人族に??」

シフォン「だからこのあらゆる種族の住 む『万国(トットランド)』にも巨人族だけは いない」

キャロット(巨人…!! 本当にいるん だ……!!)

シフォン「ある日…ローラを見かけて一 目惚れしたという求婚者が現れたんだけ ど…」

「それが何と巨人国『エルバフ』の王 子“ロキ”!!」

ナミ「……王子!? すごい!!」

シフォン「ママは涙目で歓喜してた!!」

「ローラがエルバフの王女になれば!! 巨 人族との長年の確執も埋まり」

「更には世界一の強国と名高い『エルバ フ』の軍隊さえも我が者にできると!!」

ナミ「成る程…そこから逃げちゃったわ けね」

シフォン「そこからはひどいものよ」

「代わりに私を差し出してみるも 『ローラじゃない』と見抜かれ…巨人族 との仲はより険悪に」

「それからのママは本物の巨人族を仲間 にする事を諦めて人を巨大化する研究 に投資する様になった…」

「ローラへの怒りは増幅する一方でこ の国では犯罪者扱い!!」

「もし帰ってきたら殺されるわ」

ナミ「…………」

シフォン「それに…ローラにそっくりの 私も気にくわないみたいで」

『“その顏(ツラ)”をおれの視界に!!』

『さらすんじゃねェよォ!!!(怒)』

シフォン「会う度に…」

「手酷く殴られ何年も生傷が絶えな かった」

ナミ「えェ!?」

シフォン「殺されるかと思った…親 に…」

「もう私は“あの怪物”を母親とは思えな い」

ナミ「………!!」

シフォン「ローラはのん気だからまさ か母が自分に殺意を抱いてるなんて思っ てないでしょうけどふふふ…」

ナミ「そういう事か…全部つながっ た…!!」

シフォン「ベッジがママを暗殺するって 言った時」

「私は何も感じなかった…」

「ひどいと思われても…それが事実」

【男湯】



ルフィ「ちょうどよかったおれ歯欠け ちまって」

ブルック「私も顔面割れちまって」

並んで牛乳を飲む2人。

ルフィ&ブルック「「あ〜〜〜治った ——!!」」

兵士「どんな体質なんだお前ら!!!」

【「お茶会」開宴まで──あと3時間 30分──】

縛り上げられながらも、しっかりお風呂 に入れられ綺麗な服に着替えたブリュレ とディーゼル。



広間に集められた兵士達。 ルフィたちもマフィア風の衣装に着替え ている。



じーー…っとカポネの方を見るルフィ。

ルフィ「………」

じーーーっ……

焦るシーザー。

じーーー…

「お前シーザーだろォ!!!」

シーザー「!!!」ギクゥ!!

「ギャーーー!!!」

チョッパー「えー!? シーザー?どこ に!?」

サンジ「いるだろずっと…(汗」

ナミ「何今さら(汗)」

シーザー「………!!」

【シーザー回想】

工場に入ってくるカポネたち。



カポネの心臓を見せるカポネ。



と言いつつ話を聞くシーザー。



【回想終わり】

焦ってしどろもどろになるシーザー



【“ギャングスター”ガスティーノ】



心臓を握るカポネ。



あっという間に騒ぎになる。

溜息のジンベエ「………」

「ビッグ・マムは好きか?」

「「嫌いだ!!!」」

ルフィ・シーザー・カポネが口を揃えて 応える。

ジンベエ「それを『連合軍』と呼ぶん じゃ!!」

「殺し合いなら後でもできるが今手を 結べばお前達全員に“利”がある!!」

怒りながらも顔を突き合わせる3人。

ルフィ「作戦は!?」

カポネ「完璧なものを考えてある」

シーザー「さっさとやるぞ!!! それで終 いだ!!!」

【開宴まであと3時間20分——】
0
(0)    |

  条件検索へ


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp