平和主義者(パシフィスタ)集会

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2012-9-1 23:32 | 最終変更
gontakun  ONEP.jp航海士  (居住地: ONEP.jp海)  投稿数: 4885
■趣旨

え~、ONE PIECEでは、「兵器」「軍」「人種」「思想」「正義」など「平和のあり方を問うテーマ」が往々にして扱われており、物語の深い部分にかかわっている場合もあろうかと思われます。

そこで、これら及び類する事項について、意見集会を開催し、認識を深めようと考えます。


■参加方法

「このトピックへの投稿」、または「クルーのブログ場への投稿」です。

なお、クルーのブログ場への投稿の場合、このトピックにも投稿した旨とそのurlを貼ってください。


■参加条件

投稿者は、(客観的?)平和主義者であること、です。


0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2012-9-2 14:41
yossy  懸賞金3億ベリー  (居住地: 海賊船)  投稿数: 1688
ルフィやゾロがよく言う
「ヒーローは肉をあげるやつのことだ、俺は肉が食いてえ」
という旨のセリフは実は奥が深いと思う。

ヒーローになるということの大変さや自己犠牲というものをよくわかっているなと。
ヒーローものの映画とかでよくあるじゃないですか、ヒーローである苦しみみたいなものが。

ルフィ達はいい意味で人間らしいといえるんじゃないでしょうか?

もしヒーローになる人間が人間らしい心をもっていたとき、あらゆる苦悩にさいなまれる。
ではロボットに任せてしまえば?
でもそういうふうにロボットに全秩序を任せてしまったが故に
世界に危機が訪れるという映画もありますねw


さあ、みなさんはこのルフィのセリフどう感じましたか?


僕は「人間らしくていいじゃない」と思いました。w
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2012-9-4 19:46
海賊A    投稿数: 0

物語の中には、3つのサイド(目線)があるかなっておもいます。


ひとつは「海軍」。

このサイドは、政府でもあり(少し違うが)基本的には「正義」です。

海賊をはじめとする、犯罪者をとりしまり、市民を守るのが使命でしょう。

しかし、じゃっかん行きすぎている者もいそうですね。


次に「海賊」

こちらは、あくまで「政府」に戦いを挑むものはすくないです。

自由に生きている感じです。

夢や欲のためにいきている感じはある意味、一番「平和」がしっくりくるかも。



そして「革命軍」


こちらは、おれが思うにもっとも平和からかけ離れているかんじがします。

形で見れば、みずから戦いを挑んでいる、反乱をおこしている。

反乱は、アラバスタ編でもあったように、混乱です。

市民の平穏をうばうといってもいいでしょう。


しかも、彼らが求めるのは「自由」であって、「平和」ではないのです。

自由とは、犯罪者や無法者がはびこっている、規則のないかんじというイメージもあります(俺だけかな)


難しいですね…
0
(0)    |
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2013-12-20 12:46 | 最終変更
gontakun  ONEP.jp航海士  (居住地: ONEP.jp海)  投稿数: 4885
■PKO


国際連合平和維持活動(United Nations Peacekeeping Operations)
派遣部隊は「平和維持軍」(Peacekeeping Force)


       平和のために、なぜ、武装が必要?

「紛争解決のために間接的に関与」するためには、武装が必須?

「最低限の武装」だろうけど、平和には武力が必要


      「平和と武力」の(一時的な)関係を示しているのかな?


      ピース キーピング(平和維持)
      武力を背景とした社会的安定のための活動



ただ、武力だけでは平和にはならないし、維持もできない。
対話・駆け引き・妥協・謀略、、、表に裏に、さまざまものが絡み合っている?



      武装・武力の意義を深く認識する必要があるね。


【参照】ウィキ

0
(0)    |

  条件検索へ


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp