■939話 老いたる豹は路を忘れず (2019年4月15日発売号) (Re: 最新号 ◆ ONE PIECE ◆ 週刊ジャンプ 感想etc


0

このトピックの投稿一覧へ

なし ■939話 老いたる豹は路を忘れず (2019年4月15日発売号) (Re: 最新号 ◆ ONE PIECE ◆ 週刊ジャンプ 感想etc

msg# 1.17
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2019-4-16 20:06 | 最終変更
gontakun  ONEP.jp航海士  (居住地: ONEP.jp海)  投稿数: 5224

■939話 老いたる豹は路を忘れず (2019年4月15日発売号)

気になるセリフがいくつかあって、興味深い(笑)

■ワノ国の剣士■

ヒョウ五郎の曰く
「麦わらの人・・・・・・ 「ワノ国」にも体を伝い刀身に纏わせる力がある 良い刀は斬りたい時に鉄をも斬り 斬りたくない時は紙すら斬れぬ!それは剣士の心一つ!!」

このセリフは?
コウシロウじゃん!


194話 鉄を斬る(2001年8月6日発売号)

アラバスタ編でゾロとダズとの決闘中の回想シーン

子ゾロ
「(コウシロウに向かって)世界には鉄だって何だって斬っちゃう奴がいるって・・・!!本当!!?」
コウシロウ
「ああ 本当だよ
この紙をよく見てなさいゾロ
たァ!!!」
子ゾロ
「先生 斬れてねェ」
コウシロウ
「いいかい 世の中にはね 何も斬らない事ができる剣士がいるんだ」 
子ゾロ
「?」
コウシロウ
「だけど その剣士は鉄だって斬れる 同じ刀でね 最強の剣とは 守りたいものを守り斬りたいものを斬る力 触れるものみな傷つける様な剣は私はね 剣だとは思わない
わかるかい?」

です。

ほぼ同じ内容を意味しています。
194話が2001年8月発売号ですので、今から17年8ヶ月前。
尾田さん、作り込んでますね~。


■触れない武装色の打撃■

ヒョウ五郎は、武装色の覇気使いで、しかも、触れずに打撃することが出来る。

つまり、ヒョウ五郎の役どころは、「不触」の武装色打撃をルフィに伝授する、ということだったのかァ~

また、今のルフィの対戦相手が「アルマジロ」ってところがポイントですね。
アルマジロの甲羅?はカメほどでないにしろ、防御力は強いはず。
これをルフィはぶっ飛ばす、という展開ですね。


■日和の生い立ち■

6歳で父・母を失い、兄と生き別れ、その後、河松が面倒を見るものの、13歳で河松と逸(はぐ)れ、その後、13年。今26歳。
河松は牢獄に「13年」
つまり、河松と逸れたのは、河松が捕まったからなのですね。
13年前にピンチがあり、姫を逃がすために、捕まらざるを得なかった、ということかし?

では、日和は、いつ頃に「狂死郎」に保護されたのかしら?

日和曰く
「おトコは私の素顔を知る数少ない親友なんです」
と。

数少ない。「唯一」ではない。
おトコ以外にも素顔を知る者が近くにいる、という意味ではないでしょうか?
狂死郎「も」だよね。



/ごん
0
(0)    |

投稿ツリー


gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp