BUG EVILs 第2章-7話 静かなる決着


0

このトピックの投稿一覧へ

なし BUG EVILs 第2章-7話 静かなる決着

msg# 1
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2018-10-8 23:09
kyou1102  懸賞金1億ベリー   投稿数: 885
その蕾は、一輪の花となりて。
凛と咲き誇り、時には、風を受け。
時には、雨に打たれ。
美しかった一部一部の花びらを落としていった。

リクべべの鋭い爪が、ランギクの植物を剥ぎ取り
植物の集合体となったランギクを、リクべべの剛腕により。
押し倒されてしまった。

辺りを舞う花びらと、植物のツタ。
まるで何百年とその地に、立っていた樹木を
大きな斧が、切り落とす様にして。
ランギクが、倒れた衝撃により、入り口の壁が、破壊され

その音に、より辺りの動物達が騒がしくなる。

「・・・やはりその程度か。魔法界の生き残りが、聞いて呆れる。」
倒れ込むランギクの右腕を、踏み潰し
不気味に笑うリクべべと、悲鳴を上げるランギク。

静かな森に、その悲鳴は、響き渡った。

「愚かなモノよ。老いぼれ。貴様の選択が今。まさに吾輩によって阻止されておるわい」

大声を上げ、ランギクから落ちた枝で、リクべべに立ち向かおうとするセツナを
リクべべが、右腕で吹き飛ばし、木に激突するセツナ。

――ガハッ。

「無力。魔法を使うまでもないわ。」
「折角与えられた禁忌さえも、使えぬ貴様らなどに価値は、ない。」
再びリクべべが、ランギクの身体を踏み潰し、悲鳴を上げる。

――止めろォォォオオ!!
セツナの声も届かず、リクべべは、ランギクを踏み続ける。
「安心しろ。こやつの次は、貴様だ。」
「ようやく。この時が来たのだ。」
「老いぼれ、地獄でよく見ておけ!!吾輩が、魔法界を変えてやるよ!!!」

ゴゴゴ・・・。
と草陰から、何十匹の動物達が、リクべべ目掛け飛び出してきた。

イノシシは、リクべべに突っ込み。
狼や豹は、リクべべの身体に噛みつき。
他の動物達もリクべべに、攻撃を与える。

「お・・・前たち・・・。」
全て、ランギクが、元の姿に戻し、森に帰した動物達だった。

「えぇい!鬱陶しい!!」
リクべべの身体を炎が覆い、動物達を薙ぎ払った。

「止め・・・ろ。」

「無力・・・。実に無力だ。」
リクべべは、怒りはじめた。
こんな動物達程度に、何が出来るというのだ。

さっさと決着をつけようとリクべべは、再びランギクを見下ろし
虫を見るような目で、終わりにしようか。と微笑んだ。

しかし、リクべべは、一瞬空気が変わった事を、肌で感じ取った。

動物達や、ランギクの倒れていく姿を見ていたセツナに、
異変が起きたのだ。

セツナは、再び蹲うずくっていた。
この館に辿り着く前に起きた眩暈と頭痛以上の痛み。

倒れ逝く仲間達の姿と、身に覚えのない記憶が、フラッシュバックして
その場景が、重なった瞬間。

セツナから、黒いオーラが、漏れ始めた。

その一部始終を、こっそり木の上から眺めていた者たちがいた。
そして確信と共に、一人は、微笑んだ。

不気味な黒いオーラに、身に覚えの在るリクべべは、
初めて覚えた恐怖を思い出した。

魔法界を去り、復讐を誓ったあの日
自分を襲った。
黒魔道士の魔力その物。

「貴様・・・。まさか本当に・・・。」

リクべべは、その姿を見て想った。

まるで、ランギクの能力の様に、黒いオーラがセツナの右腕を覆い
その姿を本物の化物と感じたのは。

リクべべは、全ての力を振り絞り
身体を炎で多い、炎の化身となり、辺りを燃やし始め
セツナに向かって行った。

あの日もそうだ。
黒魔道士と遭遇し、全ての力を振り絞って挑んだ。

しかし決着は、一瞬だった。

痛みも感じず、自分がこの世界を去ったのは。

想い出した。あの感覚を。あの一瞬を。
この一瞬と共に。

気が付けば、身体は、動かず、身体から血を流していた。

ふと振り返った所には、黒いオーラを放ったセツナの姿。

音さえもなく、静かに、自分の命が奪われた事に、気づいた時には、遅かった。

リクべべは、そっと目を閉じ。
燃え盛る木々の音に、耳を向け
静かに、倒れていった。
0
(0)    |

投稿ツリー


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp