BUG EVILs 第1章-2話 凪の決断


0

このトピックの投稿一覧へ

なし BUG EVILs 第1章-2話 凪の決断

msg# 1
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2018-8-12 20:11
kyou1102  懸賞金1億ベリー   投稿数: 891
寂れた都市 
此処が、セツナと凪の育った場所。
物心ついた頃から、セツナの隣には、凪がいた。
両親の顔も、名前も知らない。
凪の両親も。凪曰く、セツナは、先ほど一緒にいた丘で、見つけたらしく
そこから、住民達に協力して貰いながらセツナと育ってきた。

「今日の収穫も、少ないな」
凪は、空を見上げながらセツナに、話しかけた。
凪は、少し寂しそうに、セツナを見てこう続けた。
「お前は、いつか外の世界に出ろよ。」

セツナにとって外の世界は、未知の世界だ。
近頃、凪は、セツナに外の世界の話をするようになった。
この故郷とは、違い
水で覆われた国。空に浮かぶ国。木々達が踊る国。
本当に存在するのか、はたまた空想の世界なのか。
セツナは、外の世界に興味が、あった。
あの声の主と、もしかしたら出逢えるかもしれない。

そんな事を想って、故郷に向かっている途中。
故郷から悲鳴が聞こえたのだ。

凪は、悲鳴が聞こえた瞬間、少ない食料を
その場に落とし悲鳴の方へ走っていった。
セツナも追いかけようとした瞬間、頭痛と眩暈めまいと共に、
再び身に覚えのない記憶が、頭を過ぎった。

いつもの女の子が助けを求める場面ではなく。
セツナと同い年くらいの男の子が、自分に助けを求めてくる記憶。

頭痛が収まり、目が覚めると
横たわっていた。ゆっくり身体を起こし
凪が走って行った方へ向かっていく。

そこには、傷だらけの凪と、理性を失って暴れまわっている男と
隠れて見守る住民達。

凪!!!
と叫ぶと「来るな!!セツナ!!!」と
今までセツナに見せた事のない凪の怒声と顔だった。

セツナは、その姿に圧倒され立ち尽くす事しか出来なかった。

「太一さん・・・。俺の声が聞こえるなら答えてくれ。」
凪は、暴れまわっている男に優しく語り掛けるも、
しかし男は、右手を鉄にし街を破壊し続ける。

「鉄・・・。太一さんあんた」

凪!そいつを早く止めてくれ!!
さっさと追い出しちまえ!!

住民達が、男に対して一斉に言葉で、威嚇し始める。

凪は、静かに集中し始めた。
「仕方ない。」
凪は、そう言うと右手に光を集め、刀の形にした。
0
(0)    |

投稿ツリー


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp