Utopia 252話『剣豪と魔法使い』


1

このトピックの投稿一覧へ

なし Utopia 252話『剣豪と魔法使い』

msg# 1
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2018-1-14 11:43
CUE  ONEP.jp四皇   投稿数: 4363





『神酒の海
“置き去りの島”グレーガーデン』



セリュー「俺の弟子に・・・?」


【伝説の剣豪 セリュー(sêrieux)】



リド「ああ」

セリュー「いきなりやってきて何を言うかと思えば・・・」


セリュー「俺は俗世間との関わりを持ちたくないからこの島に住んでるんだ
     なんの関係もないお前に俺が剣を教える義理はない
     帰れ」


リド「それも承知でお願いしてんだ」


セリュー「・・・新聞で見たぞ
     イッチ冒険団

     先日の戦争後に解散したと・・・」


リド「・・・」


セリュー「お前に教える剣はない
     帰れ

     世間では思想犯と呼ばれているお前らと
     関わりたくもない」


リド「頼む・・・」  ザッ



『リドは頭を下げる』


セリュー「・・・帰れ・・・」





そして1日・・・5日
一週間が経った





リド「・・・・・・・・・」


ザァァァァァァ・・・・・・・・・!!



セリュー「・・・もう一週間も頭を下げて・・・
     ・・・死ぬぞ」



リド「・・・」



セリュー「・・・聞いてるのか?」


リド「・・・俺に剣を教えてくれ・・・」



セリュー「・・・何故だ」


リド「・・・この剣で
   俺がまもりたいものをまもるためだ」



セリュー「・・・・・・・・・」



セリュー「・・・!

     そういえばお前、誰に聞いて
     誰の船に乗ってこの島まで来た」


リド「・・・海賊王」


セリュー「海賊王?」


リド「海賊王コフレシの紹介でこの島に来た」


セリュー「・・・なるほどな、あいつの差し金か・・・
     あいつとおまえがどんな関係があるのかは置いておいて・・・

     あいつの船に乗ってこの島に来たのか」


リド「いや・・・」


セリュー「・・・?」



リド「ひとりで来た・・・!」  ドンッ




セリュー「・・・!!」  汗


セリュー「・・・ひとりで・・・!!?
     この島まで・・・?」




セリュー「(この島の周辺には海獣“スパーダ”の群れがいる・・・
     ひとりで・・・!?この若造が・・・!?)」




セリュー「・・・島の周辺には
     海獣が居たはずだが・・・」



リド「・・・ああ」




リド「全部 斬った・・・!!!」




セリュー「・・・!!!」 汗



リド「覚悟ならある・・・!!!
   何度でも言う

   俺に剣を・・・教えてくれ!!!」




リド「あんたに教えてもらった剣で
   あんたの顔に泥を塗るようなマネはしない・・・!!」



セリュー「・・・・・・・・・」



ザァァァァァァ・・・!!!




セリュー「・・・」 チャキ・・・



『セリューは刀を抜き、空を見る』





セリュー「なまっちゃいねェか・・・!?」






   オ オ ッ !






リド「・・・!!!」




リド「!!!」  汗







『島の上にある巨大な雲は
セリューの刀で真っ二つに切られる』





セリュー「・・・昔は“空斬り”と呼ばれてたっけな・・・
     腕はなまっちゃいねェみたいだ・・・

     お前に剣を教えることができる
     “海斬り”・・・」




リド「・・・なるほど・・・
   異名通りだ・・・ほんとに空を斬っちまった・・・」




リド「・・・」  汗



リド「だったら俺は・・・」



リド「この海を真っ二つにできるくらい・・・
   強くなる・・・!!!」  汗



セリュー「・・・期待してるぞ
     修行は早速明日からだ

     一ヶ月おれのせいで無駄にしちまったからな
     すぐに取り戻す」



リド「・・・ああ!!」





イッチ・・・
待ってろよ

おまえが驚くくらいおれは強くなって
おまえの「剣」に、おれはなってやる

・・・変えるんだろ?
・・・ひっくり返すんだろ?

世界を









『神酒の海
ウィッチサークル』



ゴポゴポ・・・!!



ウィッチ「ウィッヒッヒッヒ・・・
     なるほどねェ・・・コフレシに紹介されてこの島にねェ・・・」


『伝説の魔法使い
ウィッチ(WITCH)』





ラフティ「はい!
     この島で魔法を教えてもらいたくて来ました!!」



ウイッチ「なるほどなるほど・・・コフレシにねェ・・・」




ウィッチ「コフレシ・・・!!!」



ラフティ「?」  汗




ウィッチ「あンのクソ男めェ!!!
    どういう神経しとんじゃぁア!!」





パリィン!!!



『ウィッチは怒り狂いながら薬品を壁に投げる』



ラフティ「きゃあ!」  汗



ウィッチ「ハー!ハー!!」  汗



ウィッチ「ハァ・・・ハァ・・・
     あいつはねェ

     わたしの“求婚”を断った男だ!!」



ラフティ「は、はぁ・・・求婚・・・?」



ウィッチ「そうだ!!!
     わたしが人生で唯一“惚れてやった”男なのに

     ・・・それなのに!!!あンのクソ男・・・

     私を振りやがったんだ!!!

     あの“クソ”があんたに私を紹介!?
     魔法を教えてくれェ!?

     図々しいにも程があるんじゃねェか!!?」



ラフティ「あ、あの!お、落ち着いてウィッチさん!」  汗




ラフティ「・・・コ・・・コフレシさんと
     ウィッチさんは・・・恋人同士だったのでしょうか?」  汗



ウィッチ「いーや違うね」



ラフティ「?」



ウィッチ「会った瞬間感じたのさ、“運命”ってやつをね
     あんたにも分かるだろう!?運命!!」



ラフティ「は、はいっ!分かります分かります!」  




ウィッチ「だからよォ・・・わたしは渡したんだ
     指輪とラブレター・・・!

     そしたらあいつ・・・」  ポロポロッ




ウィッチ「“先ずはお友達から”とか
    抜かしやがってクソがァアアアア!!!」
 うがー!




ラフティ「(それが普通よね・・・)」  





ウィッチ「ハァ・・・ハァ・・・」



ラフティ「ウィッチさん・・・」


ウィッチ「なんだい!?」


ラフティ「わたしに魔法(マジック)を教えてください」



ウィッチ「今の流れで!!??
     そこは慰めるところじゃねェのかよ!!!」  汗



ラフティ「・・・恋なら、何度でもしたらいいじゃないですか」



ウィッチ「・・・!!てめェ
     コフレシもアタシもいくつだと思ってんだ!!
     恋愛なんかできるほどのトキメキはもう・・・」




ラフティ「恋に年齢!関係ないですよ!?はやく魔法教えてくれ





ウィッチ「はっ・・・!!!」  ぐさっ




ラフティ「ウィッチさんはまだコフレシさんのこと好きなんでしょう?
     トキメれるじゃないですか、恋に」



ウィッチ「ア・・・アタシはそうでも・・・
     向こうはもう結婚してたり・・・」  汗



ラフティ「コフレシさんは
    独身ですよ!」
  





ウィッチ「・・・!!!!」





ウィッチ「・・・あんた・・・」




ウィッチ「あんた名前、なんつったっけ?」


ラフティ「ラフティです」



ウィッチ「来な、ラフティ
    教えてやるよ、恋の魔法・・・!」
  




ラフティ「はいっ!!ありがとうございます!!!

     ・・・いや、恋の魔法はいいです!
     普通の魔法おねがいします!!」  





イッチさん・・・
あなたは頑張りすぎて
あまりに真っ直ぐだから
すぐに遠くにいってしまう・・・

だから、今度はわたしがもっと強くなって
わたしの魔法で
あなたが挫けないように
あなたをまもれるように

わたしは強くなりたい・・・!!
わたしは強くなる・・・!!






1
(0)    |

いいね!したクルー

2018.01.15

投稿ツリー


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp