キャプテン・ローグ-赤き海賊達の島- 第1話


1

このトピックの投稿一覧へ

なし キャプテン・ローグ-赤き海賊達の島- 第1話

msg# 1
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2017-10-1 8:36
kyou1102  懸賞金1億ベリー   投稿数: 867

前作「キャプテン・ローグの冒険」






全て集めれば、海賊の王とされる 7つの財宝。
その内 6つの財宝を集めた海賊が、いた。

彼の名は・・・。





最果ての海を渡る一つの海賊船。
この船の船長こそ、最も海賊王に近いとされた”ウィリアム・オーバー”

しかし、7つ目の財宝を探し、2年の月日が流れた頃。
彼は、不治の病で、倒れていまった。

そして、彼の海賊船で暴動が起きた。

その暴動によって 4つの財宝は、乗り組み員達 それぞれが手に
海へ出る。





《カリブ海・ウィリアムの海賊船・船長室》

そこに、瀕死状態のウィリアムの姿。
どうやら、全員この船を去ったのか。

ウィリアムは、自分の海賊人生を振り返っていた。

そんな時だった 船長室の扉が開き、入ってきたのは、10代の少年だった。

「なんだ・・・まだいたいのか。」

少年は、ウィリアムの側へ来て 行く当てもないと答えた。

「・・・すまないな。君の名前を知らない」

少年は、答えた。
名前も、故郷も捨てて この船に乗った。

「じゃぁ家族は?」

親の顔は、見た事ない、ただ生き別れた妹がいる。

「なるほど。」

ウィリアムの彼に、自分の着けていたブレスレットと懐に隠してあった地図を
渡した。

「それはな。7つの財宝と呼ばれる 海賊の宝だ。」
「このブレスレットは、深海のブレスレット。たった一度だけ死者と会話が出来る優れもんだ」
「そして・・・。この地図が”6つの財宝”の場所への導く為のヒントが記された”道標の地図”」

「こいつは、水に濡れても火にあぶられても この形で残る世界でたった一つの地図だ。」

「・・・お前にやる」

少年は、受け取るも戸惑った。

「俺の夢を追ってくれとは、言わん。それに海賊を続けろとも言わん。」
「そいつは、売れば5億出す馬鹿もいる程の代物だ。それで生活するのも自由だ」

少年は、ウィリアムに「海賊を続けたい」と答えた

ウィリアムは、嬉しそうに微笑み

「良かった最後にお前の様な乗組員に逢えて。ローグ

少年は、聞き返した。

「名前がないんだろ?じゃぁ今日からお前は、ローグと名乗ればいい。」

『ローグ?』

「お前さんにピッタリだろ。キャプテン」
「そうだ・・・。最後にお前にもう一つプレゼントをやろう」

『プレゼント?』

「あぁ。俺から これから船出に出るお前に向けてのアドバイスだ」

『・・・。』

「ローグ、いいか。この事をしっかり胸に刻め・・・」















      キャプテン・ローグ
          -赤き海賊達の島-





1
(0)    |

いいね!したクルー

2017.10.02

投稿ツリー


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp