キャプテン・ローグの冒険 第1話


0

このトピックの投稿一覧へ

なし キャプテン・ローグの冒険 第1話

msg# 1
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2017-7-23 20:52 | 最終変更
kyou1102  懸賞金1億ベリー   投稿数: 867
=前回=




【半年後】
≪広い海に2隻の小舟≫

「おぃおぃ・・・誰だよ ゴーストプリンセスが この海に出るって言ったの!!」
一人の男が、もう一隻の船で寝転んでいる男に怒っている
もう一人の男は、キャプテンの帽子で顔を隠している

「全く・・・出鱈目に付き合った俺が馬鹿だった」
ローグ「待て!まだデタラメなんて決めるには、早い」

ローグ「そもそろ不確かな宝程 見つけにくいもんだ」
   「そーだろ?フィフス!」

《フィフス・・・一等航海士。この船の船長代理 見た目は、ローグと同い年》

ローグ「それに お前は優秀な航海士だ!きっと見つかるさ」
フィフス「まず整理しようか 船長(キャプテン)」
    「一つ、俺は 島に導くのが専門。不確かな ましてや動き回る船を見つけるのは、俺の仕事ではない。」

ローグ「・・・確かに!」

フィフス「二つ、巨大な海賊船と、これっくらいの小さな海賊船が目の前に現れました お前ならどっちを襲う??」

ローグ「そりゃ!巨大な海賊船だろ!」
フィフス「なんで」
ローグ「なんでってお前!馬鹿なのか? そんな小さな船襲った所で 金目のもん奪えないだろ?」

フィフス「そういう事だ」

ローグ「・・・。」
ローグ 納得の表情。

ローグ「だったら何か!?

「この半年間 遭遇してないのは この船のせいっていうのか!?」

フィフス「少なくとも一理あるだろ」
    「それに・・・」

フィフス、帆の上の海賊旗を指さす

フィフス「誰があんなお前のパンツを見て 襲おうとするんだ!?」
    「海賊を狙うゴーストシップだろ!?」
    「逆に哀れな目で 通り過ぎるわ!!俺なら!!」

ローグ「黙っておけば!そこまで言うか!?」
フィフス「言わせてもらうね!半年だぞ!?」
    「金の成る話が在るってついてみたらこれだ!!」
ローグ「そのうちなるの!
フィフス「だったらいつ!?

ローグは、溜息をつき 置いてあるお酒を一飲みし、重たい口を開いた

ローグ「いいか フィフス君。」
   「人生は 天気と一緒!」
   「晴れの日もあれば 雨の日もある」
   「それがわかってたら どれだけつまらない人生か わかるか?」

フィフス「・・・いや。わかってた方が航海しやすいだろ」
ローグ「そう!後悔するだろ!」
   「冒険もそうだ!わからないからこそ 面白味がある!」
   「世知辛い世の中だからこそ 宝がまだ残ってある!」
   「そう言う事だ!」
フィフス「・・・いや 俺の話聞いてたか??」

ローグ「とにかくだ!

ローグ「いずれ 俺たちにも転機が来る!」
ローグ「ほれ!噂をすれば」

ローグ達の小舟の前に 巨大な海賊船が現れる。

フィフス 望遠鏡で覗くと異変に気付く

フィフス「見張りなしか」
ローグ「昼間っからか?絶好のチャンスだ!」

フィフス「おい!待てよ!」
ローグ「これほどのチャンスは ないだろ?」
フィフス「2人でか!?」
ローグ「他に誰がいる?」
フィフス「仕方ないか・・・。もうこの先 このままだと餓死するしな」
    「ここで乗り込んで帰りうちにあった方がまだマシか・・・。」

2人は、海賊船に乗り込む。

甲板に乗り込み、辺りを見渡す

ローグ「諸君!この船を頂戴に参った!!

ローグ「俺様の名は・・・!!

フィフス「やっぱり様子が変だな・・。」
ローグ「そうか?」
フィフス「それになんか 寒くないか?」

2人は 改めて辺りを見渡すと 一部氷漬けにされている

ローグ「・・・なんだこりゃ」
フィフス「氷?」

そして二人は、その付近にいる 氷漬けの船員たちを発見する

フィフス「違う!?人か!!」
ローグ「・・・よく出来てるな・・・」
フィフス「造形・・・?いや そんなはずない」
    「だが どうやってこうなった」
ローグ「フィフス」
ローグに 呼ばれ、フィフスがローグの元に着くと。

そこには、地図が一枚。
その地図をフィフスが手にし、目を通すと

フィフス「おかしいな、この地図は 南の国の地図だ」
ローグ「氷漬けにされたからか?」
フィフス「いや・・・。もしも南を目指すなら 逆方向だ」
ローグ「つまり何か?熱い国で 氷漬けになったのか?」
フィフス「・・・若しくは」
ローグ「・・・ゴーストシップ」

ローグ 再び 氷漬けになった船員たちを見渡す、

ローグ「フィフス君」
フィフス「なんだ船長」
ローグ「ゴーストシップの居場所がわかった」
フィフス「奇遇だな・・・俺もだ」
ローグ「船は頂戴するとしよう」
   「あとは、乗り組み員だ」
フィフス「船長 この地図から行くと 丁度近くに島があるぞ」

ローグ「よし!そこに行くとしようか」
フィフス「了解!」



第2話に続く。
0
(0)    |

投稿ツリー


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp