第860話“10:00開演”感想 & 第861話 予想


0

このトピックの投稿一覧へ

報告 第860話“10:00開演”感想 & 第861話 予想

msg# 1
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2017-3-27 0:06 | 最終変更
SUN  ONEP.jp七武海  (居住地: 新世界 ホールケーキアイランド)  投稿数: 7892
前回の第859話“四皇暗殺作戦”のまとめ

扉絵リクエスト『ブルックに蛇の輪投げ をするウソップ』



厳しい表情のサンジ。



相変わらず呑気な様子のルフィ。

慌てるナミ



ベッジ「ある条件下で『5秒』あればビッグ・ マムの首は取れる」

一同「!!」

驚くチョッパー「…!! たった5秒!?」



怪しげに笑うベッジ。



ごく…っと息をのむキャロット。



ガスガスの能力者の割にカポネの葉巻に むせるシーザー。



爆笑するルフィ。



ベッジ「——つまりコイツの重要な仕事 が…」

シーザー「そう!! シュロロロロロロ!!」

「おれの仕事がコレだ!!」

「猛毒ガス弾“KXランチャー”!!!]

「1本で充分な所予備2本っ!!!」

「1本につき有機リン系の毒ガスを直接 体内に…ご…5gもブチ込むという」

「神をも恐れぬ至悪の殺人兵器だ…!! 死 ね…みんな死ねェ〜〜〜!!」

怪しい顏でニヤニヤするシーザーをほっ といて話をすすめる全員。

ジンベエ「成る程よくわかった」

「当たれば殺せる武器は用意してあるん だな?」

ベッジ「いや残念ながら…元気なビッ グ・マムに当たってもあの強靭な皮膚に は刺さりゃあしねェ」

チョッパー「!?」

ベッジ「ビッグ・マムに効く武器なんて この世にゃそうそうねェのさ!!」

チョッパー「え——!!じゃ どうすん だ!?」

ベッジ「この『KXランチャー』が本領 を発揮する条件は2つ!!」

「5秒間誰もこっちに手出しできねェ状 況にある事」

「そしてママの体が衰弱している事!!」

チョッパー「何だその都合のいい条件 は!!(汗)」

ベッジ「——その都合のい条件が揃う場 所こそ」

「『茶会』だ!!!」ドン!!

一同「!!」

ベッツ「ふぎゃーーっ」

カポネ「あ〜ごめんでちたー♡」

「声おっきいでちたねーよちよち♡」

ベッジ「おれ達が傘下に入って一年以上 経ちゅが…ママはケガをしねェ…!!」

「町を壊す時も船を沈める時も銃弾や砲 弾を食らっても」

チョッパー「……」

ベッジ「あの強靭な肉体にはカスリ傷一 つつかねェ」

「まさに!! 『鉄の風船』とはよく言った な」

カポネ「──だが“一度だけ”ママがカス リ傷を負ったのを見たんでちゅよ…」

一同「!!」

ヴィト「『マザー・カルメル』の写真事 件レロね!!」

カポネ「その通りだ」

一同「?」

ベッジ「茶会ではママの正面の席にはい つも」

「ある写真が大切の置かれ誰も座る事 はない」

ヴィト「ママにとって何より大事な宝の 様だ」

ナミ「写真が?」

ベッジ「そう…それが『マザー・カルメ ル』の写真だ!!」

「ママの唯一の弱点と言える!!」

一同「!?」

ベッジ「恩人の様だが詳細は不明…謎の 人物だがな」

ルフィ「……」

ナミ「遺影って事?」

シフォン「失踪したらしいの私達家族 も詳しくは知らなくて…!!」

「前にお茶会でうっかしマザー・カルメ ルの写真を落とした給仕がいて」

一同「………!!」

シフォン「その時のママの反応には驚い たわ」

「顏は青ざめ聞いた事ない大音量の奇声 を発したの!!」

ナミ「!!」

シフォン「喰いわずらいの癇癪とはまた 違う発作!!」

「周りはただ耳を塞ぎ自分の鼓膜を守る のが精いっぱい」

「ある者達はパタパタと気を失い倒れて いった!!」

ベッジ「奇声に加え持ち前の“覇王色”の 覇気を発動しやがったのさ」

ジンベエ「…………」

ベッジ「——たかだが写真を落としただ けでな…」

「その時のショックでひざをついたママ は何と…!!」

「ひざをスリむき血を流していた!!」

サンジ「!」

ベッジ「この女にも赤い血が流れていた のかと驚いたよ」

「“あの状態”になるとママの体は抵抗力 を失うんだ」

「ならば今日茶会の会場で!!」

「その写真を真っ2つに叩き割ったらど うなる!!?」

一同「!!」

カポネ「ママは衰弱し会場の誰も動け ない5秒以上の時間!!」

「KXとランチャーはその時最大の効果 を示しビッグ・マムは死ぬ!!」

「ビッグ・マム暗殺のニュースは世界を 駆けめぐるだろう!!!」

チョッパー「——でもその奇声…?」

「おれ達も動けねェんじゃねェか!?」

ベッジ「安心しろコレがある」

「『インヴィジブル・シンフォニア・シ ステム』」!!!」

チョッパー「あ耳せんか!」

ルフィ「写真割るだけでそんな騒ぎにな るんならよ!!」

「おれ達もそのスキにサンジの家族を助 けよう!!」

ベッジ「ん!?」

「オイ人ごとの様に言うな!!」

「その写真を割ってからママの発作が始 まるまで約3秒かかる」

「まだ何も起きてねェ会場で怒るビッ グ・マム海賊団に囲まれ3秒も生きて られたら正直奇跡だ!!」

ニヤリと笑うベッジ。

ベッジ「その役はお前にやって貰う ぞ“麦わら”!!!」

憤慨するナミ。

ナミ「ちょっと待ってよそれじゃル フィが囮になるみたいじゃない!!」

シフォン「ベッジ!! ナミ達はローラの恩 人なのよ!!?」

「そんな十中八九死ぬ様な事!!」

しかし満面の笑みのルフィ。

ルフィ「いいよおれやるよ!!」

ナミ「!!?」

ルフィ「それより今面白ェ登場の仕方考 えたんだよな〜〜!! ししし!!」

ワクワクしているチョッパー「え〜〜何 だ何だ?」

「楽しそうだな教えてくれ」

ルフィ「ダメだ今言ったらつまんねェ だろ!!」

チョッパー「え〜〜〜」

ルフィ「ししし!!」

緊張感の無い二人に呆れるナミとシフォ ン。

2人((心配したのに…(汗))

ベッジ「頼もしいなタイミングはわ かってるか?」

ルフィ「サンジがプリンとチューしたら だろ?」

焦るサンジ「バカしねェよ!! できねェ んだ!!」

「彼女は誓いのキスの代わりにおれを 撃ってくるが」

「おれァそれをかわすからその銃声が 合図だ」

ルフィ「そうか!わかり易いな!」

ベッジ「よし話は早ェ」

「ビッグ・マムの奇声が上がればこっち のモンだ」

「会場がたじろいでる間にお前らは『救 出』」

「おれ達は『暗殺』最悪10秒以内に 片付ける」

「それと同時にバカ登場だ!!」

シーザー「おれ登場!! 誰が馬鹿だ!!!!」

「いいか空を飛べるおれ様が!! 脱出用 の“鏡”を持って会場内へ突入する!!!」

「この女を連れてな!!」

ブリュレ「仲間に入れてんじゃねェ よォ〜!! ママに消される〜!!」

ベッジ「ブリュレを連れてきた事はお前 らの大手柄だ!!」

「逃走にこんな有能な能力はねェ!!」

「用が済んだら全員素早くシーザーの鏡 の中に飛び込め!!」

「辺りはまだ奇声に包まれてる」

「後は悠々と鏡の中を逃げるだけ」

「てめェらの船にも人の出入るできる鏡 を用意しておけ!!」

ブリュレ「………!!」

(何とかママに報告を)

ベッジ「それで最短距離で島から脱出で きる!!」

「互いに船に行き着いたら共闘もそこま で!! 後は全力でナワバリから逃げ出すん だ」

「武運を祈る!!」

ルフィ「よし!!!」

ジンベエ「よさそうじゃのう…!!」

時計を見るサンジ。

サンジ「…あと2時間半か…」

「おれは部屋に戻らねェと…『新郎』だ からな」

ベッジ「俺達もだ…仮の護衛の準備にか かるか…」

手下「は!!」

ルフィ「なァバッジ頼みがあるんだけ どよ!! 面白ェ登場する時に…」

ベッジ「面白さに拘るなァ!! 死ぬ ぞ!!!(怒)」

【一方『万国(トットランド)』の島々】



【ミルク島『チーズタウン』】


喜ぶ町中の人々。

【ナッツ島『ピーナッツタウン」】

「昨日ルフェルド財閥の一族が港に来 たって」

「今回もゲストは豪華そうだな!!」

【カカオ島「ショコラタウン」】

クラッカーを鳴らしお祝いモードの町人 達。

「プリン様おめでとう〜!!」


【ジェルマ王国——】

呑気に話す兵隊たち。



呑気に笑う兵士達。

【ホールケーキ城】


ヨンジの部屋の扉を叩くニジ。



【9階ビッグマム寝室】



すぐにブルックに興味をなくし、投げ捨 てるビッグマム。



【プリンの部屋】

絨毯のラビヤン「どうしたプリン!ドレ ス似合ってるぜ!!」

プリン「……」

「ゆううつなの…」

ラビヤン「どうしたマリッジブルーか!? ギャハハハハ!!」

プリン「私には荷が重いわニトロ…ラ ビヤン」

「サンジのバカをぶっ殺した後…血がつ くのもイヤだし…」

ゼリーのニトロ「ふんふん」

ラビヤン「うんうん」

プリン「またいいコに戻るために色んな 奴らの記憶を減して回んなきゃならな い…」

「それを考えると」

「すっげー面倒くせェ」どん!

【まもなく開宴——『地獄のお茶会』】

ビッグ・マムもプリンも男言葉だな
やっと式か玉手箱どうなるかな?
カルメルがどんな人か気になる
0
(0)    |

投稿ツリー


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp