Re: ■世界会議を舞台にしてひと悶着?


0

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: ■世界会議を舞台にしてひと悶着?

msg# 1.1.2
前の投稿 - 次の投稿 | 投稿日時 2013-8-18 16:02
海賊A    投稿数: 0
引用:

gontakunさんは書きました:
■世界会議を舞台にしてひと悶着? 
言われれば今年が世界会議(レヴェリー)でしたね、では世界会議についておさらい。

最初に書かれたのが【第142話】作中では6年前(現在では8年前)、当時の参加者で判明しているのは ”ドラム王国国王ワポル” “アラバスタ王国国王ネフェルタリ・コブラ” “西の海(ウエストブルー)のイルシア王国国王タラッサ・ルーカス(BLUE参照)”
それに同行者として “ドラム王国守備隊隊長ドルトン” “アラバスタ王国護衛隊長イガラム” “アラバスタ王国王女ネフェルタリ・ビビ”
そしてこの時の出来事はタラッサ・ルーカスの先見性(“革命家ドラゴン” の危険性)、コブラとワポルの対立、その影響によるワポルとビビの接触(ワポルから仕掛けた争い)。

その後の関連する小出しネタ(扉絵)を纏めますと
【第635話】世界の甲板からVol.19「とある財閥会長、世界貴族認定 悪ブラックドラム王国建国」
・認定を受け、背後に城もあるので国土もあるようですし国家としての条件は満たしている
【第636話】世界の甲板からVol.20「ドラム島 -サクラ王国平和部隊-」
 ・旧ドラム王国はサクラ王国と名を変え、国王はドルトンになっている(第440話参照)
【第639話】世界の甲板からVol.23「アラバスタ王国 -今年は世界会議、服を新調-」
 ・チャカとペルが同行者として会議出席の為に服を新調、イガラムはどうするのか?
【第641話】世界の甲板からVol.25「アラバスタ王国 -病床のコブラ-」
 ・コブラが病床にある事から今年はビビが国王代理として出席か?

それ以前の時代の記述では【第621話】16年前の魚人島でオトヒメ王妃が「今年開かれる”世界会議”で――」とあります。
続いて【第622話】では16年前にフィッシャー・タイガーが「聖地マリージョア襲撃事件」を起こし魚人島に帰還(これが元で立場を悪くし世界会議に出席出来なかった)、そして15年前に「タイヨウの海賊団」を結成したと私は理解しています。
これを踏まえた上でオトヒメ王妃は「今は無理でも 7年後でも!! 11年後でも!! 15年後でも!! 構わないっ!!」としている様に4年毎の開催は間違いないと思われます。

よって、冒頭に示した8年前の世界会議、そして今年の世界会議の間にも一度開かれている筈です。
その2回の会議には在任期間を考えればドレスローザ国王ドンキホーテ・ドフラミンゴも出席していたと思われます、今年の会議にも出席する予定かも知れません。
が、クロコダイル後任選定の会議(第234話)にも退屈しのぎで来たくらいなので一度も出ていないかも。
しかし公式な会議ならば出席者の一覧もあるでしょうし各国代表はドフラミンゴの正体は勿論知っていた、世間の人々もおそらく知っていたでしょう、麦わらの一味は何故全く知らなかったのか?(ロビンやナミは知っていたと思うが)
gontakunさんの懸念はこのドフラミンゴ出席についてでは?
0
(0)    |

投稿ツリー


Amazon Ranking [PR]
...loading
gotohome
gototop
  • zero
  • a8
  • a8
  • オンラインショップONEP.jp零号店バナー
- PR -
2013年10月31日 ONEP.jp

親身になって相談に乗ってくれたり、勇気づけてくれたり、同じ悩みを持った人同士 で話し合ったり…ネットにはそういったコミュニケーションや、それらに伴うサイト上での交流があります。そんなやりとりがあるからこそ「悩みが解決した」「勇気が出た」「新しいことを知ることができた」という声も多数あります。

しかし、「実際に会う」ことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

「仲良くなったから会ってみたい」「直接会ってお礼が言いたい」という気持ちはときとして持ってしまうこともあります。しかし、実際に会うことによって、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

すべての人が悪い人というわけではありませんが、トラブルに巻き込まれないために、サイト外で実際に会うことはやめましょう。実際に会ってみたら、年齢を偽っていたことが分かったり、友達になろうと思っていたら男女の出会いを目的とされていた、ということもあります。

ONEP.jpでは、オフ会を開くことやサイトの外で実際に会うことを禁止します。他の サイトでも、そういった危険性があることを知っておいてください。

モバゲーより流用

2013年8月5日 ONEP.jp